« 「東急不動産」トップの反社疑惑 | トップページ | 警察と一体となって「治安再生」を目指す「読売新聞」 »

2014.07.03

<お知らせ>劇団チャリT公演「それは秘密です。」(7月24日~8月6日)

 昨年12月に成立した「特定秘密保護法」の施行が迫る中、実にタイムリーな芝居が登場した。「それは秘密です。」という演目の“ドタバタ茶番狂騒劇”。
 キャッチコピーからして笑いを誘う。「ある日突然逮捕されました。『容疑』は秘密だそうです。なぜ逮捕されたのか、まったく心当たりがない。どうやら『国家の重大秘密』に触れてしまったらしいが、その『秘密』が何なのかが『秘密』ゆえにさっぱり分からない」。
 伏字だらけのチラシは、まるで戦前、内務省の検閲を受けた発行物そっくり。しかし秘密保護法の施行後は、そんな大昔のことではなくなる。
 なお8月2日(土)、19時からの公演終了後、フリージャーナリストで「秘密保護法意見訴訟」原告の寺澤有氏が、本作の作・演出を担当した楢原拓氏とトークセッションをおこなう予定。
 本公演について、詳しくはこちら

|

« 「東急不動産」トップの反社疑惑 | トップページ | 警察と一体となって「治安再生」を目指す「読売新聞」 »