« <報告>本紙・山岡、「企業スキャンダル追及の四半世紀」で講演 | トップページ | 横浜でも提訴ーー「秘密保護法は憲法違反 7・30国民大集会」開催 »

2014.07.26

「コムシード」オーナー、セクハラ訴訟で敗訴も未だ支払いせず

 パチンコ関連の携帯コンテンツ会社「コムシード」(セントレックス。3739。東京都千代田区)のオーナー(昨年6月まで取締役)が、同社の20代社員に対するセクハラ行為で提訴され敗訴したにも拘わらず、一向に支払いをしないことから、さすがに事情を知る関係者の間から疑問の声が上がっている。
 そのオーナーとは韓国人の金正律氏(59)。コムシードの55%の株式を握るのが「サイカン」なる会社だが、その親会社「サイカンホールディンクス」(韓国)の会長。
 コムシードは以前はパチンコ大手「平和」が親会社だったが、07年1月、約13億円で買収した。韓国企業による日本の上場企業へのTOBは初めてで当時は大きな話題になった。
*この記事の続きを見たい方は、Webマガジン「アクセスジャーナル」へ>

|

« <報告>本紙・山岡、「企業スキャンダル追及の四半世紀」で講演 | トップページ | 横浜でも提訴ーー「秘密保護法は憲法違反 7・30国民大集会」開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/60043872

この記事へのトラックバック一覧です: 「コムシード」オーナー、セクハラ訴訟で敗訴も未だ支払いせず :

« <報告>本紙・山岡、「企業スキャンダル追及の四半世紀」で講演 | トップページ | 横浜でも提訴ーー「秘密保護法は憲法違反 7・30国民大集会」開催 »