« 水面下で安倍政権が画策ーー北朝鮮拉致問題解決のウルトラC | トップページ | 金商法違反で落合夫婦逮捕ーー「インデックス」粉飾決算の手口 »

2014.06.03

上場廃止へーー「太陽商会」前代表・酒井勝一氏の“前科”(2)

 6月28日に上場廃止が決まっている「太陽商会」(2447。セントレックス。東京都渋谷区。今年3月末まで「Now Loading」の社名)ーー。上場廃止になったのは有価証券報告書の虚偽記載の結果で、それに関与し、今後、中川哲也元社長と共に刑事責任を追及されると見られる酒井勝一(桂市)前社長は、過去、詐欺罪で逮捕歴があるだけでなく、横浜の老舗倉庫会社「横浜新港倉庫」を乗っ取ることを計画していたものの、未遂に終わっていたことを前回述べた その後、その乗っ取り計画を進めていた証拠の契約書を入手したので、以下に転載し、解説しておく。なお、この時の酒井氏が代表を務めていた会社は「サンコーポレーション」(大阪市北区。ただし頻繁に社名変更、住所を変えている)。
 2014年6月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 水面下で安倍政権が画策ーー北朝鮮拉致問題解決のウルトラC | トップページ | 金商法違反で落合夫婦逮捕ーー「インデックス」粉飾決算の手口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59750606

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止へーー「太陽商会」前代表・酒井勝一氏の“前科”(2):

« 水面下で安倍政権が画策ーー北朝鮮拉致問題解決のウルトラC | トップページ | 金商法違反で落合夫婦逮捕ーー「インデックス」粉飾決算の手口 »