« 不当判決ーー対ユニバーサル訴訟、控訴審も本紙側は一部勝訴のみ(*入手! 元ユニバーサル幹部社員の驚愕の「陳述書」内容紹介) | トップページ | 「ソーシャル・エコロジー」巡るチンネンVS瀬川氏、再度の経営権争奪戦 »

2014.06.14

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(436)「石山ゲートウェイのライツに異議あり」

 6月12日、「石山Gateway Holdings」(7708。JQ。三木隆一社長。東京都港区)はライツ・オファリングをやると発表した。
 1株につき新株予約権1個の割合。行使価格は60円で、時価の半値以下。それでもすべて行使されれば、調達される資金は22億円以上になる。
 しかし、そもそも石山はライツ・オファリングをやる資格がある上場企業なのか?
 社名に“石山”を冠した怪しい経緯に関しては本紙既報の通り。
 当然、今回のライツ、筆頭株主である石山久男氏も納得してのことだろう。また、三木社長は仕手筋で有名だったあの「シルバー精工」の上場廃止直前の取締役だった。さらに5月26日に常務取締役を辞任した深井憲晃氏はエイチ・エス証券の元支店長だが、不祥事を起こしてエイチ・エスを追われたとの情報もある上、石山の第4位株主は同氏が社長を務める。
 一方、ライツと同日、石山の孫会社がいま流行のバイオディーゼル発電事業参入(ただし、あくまで予定)の発表もされ、これを材料に同社株の出来高が急増し、株価が急騰している。
 余りに出来過ぎていないか?
 2014年6月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 不当判決ーー対ユニバーサル訴訟、控訴審も本紙側は一部勝訴のみ(*入手! 元ユニバーサル幹部社員の驚愕の「陳述書」内容紹介) | トップページ | 「ソーシャル・エコロジー」巡るチンネンVS瀬川氏、再度の経営権争奪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59811474

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(436)「石山ゲートウェイのライツに異議あり」:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/06/14 08:46) [ケノーベル エージェント]
東京都港区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2014.06.14 08:46

« 不当判決ーー対ユニバーサル訴訟、控訴審も本紙側は一部勝訴のみ(*入手! 元ユニバーサル幹部社員の驚愕の「陳述書」内容紹介) | トップページ | 「ソーシャル・エコロジー」巡るチンネンVS瀬川氏、再度の経営権争奪戦 »