« <書籍紹介>『激撮! 歌舞伎町24時』(『週刊大衆』編集部。双葉社) | トップページ | <芸能ミニ情報>第14回 あの「松浦組」組長が街宣を再開 »

2014.05.22

ASKA覚せい剤事件ーー“一大芸能界薬物事件”への様相も

 ASKA(飛鳥。本名・宮崎重明。56)の覚せい剤事件だが、ヘタをしたら一大芸能界薬物汚染事件に発展するとの見方も出て来ている。ASKAと、一緒に逮捕された栩内(とちない)香澄美容疑者(37)が知り合ったのは、栩内容疑者は人材派遣大手「パソナグループ」(2168。東証1部。東京都千代田区)の“接待要員”で、同社が頻繁にVIP客を招いて催していた東京・元麻布の“迎賓館”でのことのようだが、その栩内容疑者と親しかったギタリストとすでにネット上で騒がれているのは、本日発売の『週刊文春』が実名記載しているように、3人組アイドルグループだった元たのきんトリオのメンバー・野村義男(49)であるのは間違いないようだ。だが、実ははるかに大物ギタリストであり、やはり当局が目をつけているという人物がいる。
 2014年5月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <書籍紹介>『激撮! 歌舞伎町24時』(『週刊大衆』編集部。双葉社) | トップページ | <芸能ミニ情報>第14回 あの「松浦組」組長が街宣を再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59684133

この記事へのトラックバック一覧です: ASKA覚せい剤事件ーー“一大芸能界薬物事件”への様相も:

« <書籍紹介>『激撮! 歌舞伎町24時』(『週刊大衆』編集部。双葉社) | トップページ | <芸能ミニ情報>第14回 あの「松浦組」組長が街宣を再開 »