« <記事紹介>「偽メール事件で議員騙した“サギの天才”の手口」(『フライデー』6月13日号) | トップページ | 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に新たに実刑8月の一審判決 »

2014.05.30

上場廃止へーー「太陽商会」前代表・酒井勝一氏の“前科”

 本紙でも既報のように、6月28日に上場廃止が決まっている「太陽商会」(2447。セントレックス。東京都渋谷区。今年3月末まで「Now Loading」の社名)ーー。周知のように、上場廃止になったのは有価証券報告書の虚偽記載の結果で、今後、創業者で社長だった中川哲也氏、社長だった酒井勝一(桂市)氏などは刑事責任を追及されるだろうが、その一方の酒井氏、かなりの“事件屋”だったようで、関係者からは「なぜ、あんな男が上場企業の代表に堂々となっていたのか? 世の中を舐めていたとしか思えない」といった声が出て来ている。実は酒井氏、過去、経済事件で逮捕されていたこともあったのだ。
 2014年5月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <記事紹介>「偽メール事件で議員騙した“サギの天才”の手口」(『フライデー』6月13日号) | トップページ | 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に新たに実刑8月の一審判決 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59731318

この記事へのトラックバック一覧です: 上場廃止へーー「太陽商会」前代表・酒井勝一氏の“前科”:

« <記事紹介>「偽メール事件で議員騙した“サギの天才”の手口」(『フライデー』6月13日号) | トップページ | 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に新たに実刑8月の一審判決 »