« <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 | トップページ | <ミニ情報>本紙でいち早く実名報道ーー盗撮の検事、懲戒解雇に »

2014.05.01

女性スキャンダルで「楽天」№2の座を首になった国重惇史(元住銀取締役)氏

 他の記事との兼ね合いで紹介するのがすっかり遅くなったため、すでに先週発売号になってしまったが、『週刊新潮』5月1日号が報じた女性スキャンダル記事のせいで、ネット通販で米アマゾンと国内双璧の「楽天」(4755。東証1部。昨年12月にJQから。東京都品川区)で創業者で会長兼社長・三木谷浩史氏に次いで№2の地位にあった国重淳史取締役副会長(68)が辞任した。辞任のIRが出たのは4月22日で、辞任の理由は「一身上の理由」とさえ述べられていない。だが、2日後の4月24日(木)に新潮記事が発売に。何しろ、いまや大企業の楽天№2(楽天証券社長兼務だったが、証券の方もすでに辞任)が、25歳年下の相手と不倫の挙句に妊娠させた上、さらに別の愛人とも付き合っていたことが発覚し相手女性が別れるというと暴行まで働いていたというのだ。国重氏は関係を否定したが、女性に数々の証拠のメールや写真を突きつけられては言い訳は通用せず、掲載誌発売前に実質、首を切られたということだろう。この国重氏、本紙・山岡にとっては因縁ある相手だ。
 2014年5月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 | トップページ | <ミニ情報>本紙でいち早く実名報道ーー盗撮の検事、懲戒解雇に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59561529

この記事へのトラックバック一覧です: 女性スキャンダルで「楽天」№2の座を首になった国重惇史(元住銀取締役)氏:

« <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 | トップページ | <ミニ情報>本紙でいち早く実名報道ーー盗撮の検事、懲戒解雇に »