« ユニバーサルエンターテインメントの「第二次第三者委員会調査結果“不開示”」の呆れ果てた言い分 | トップページ | <芸能ミニ情報>第12回 ASKA逮捕で出て来た南部氏との意外な接点 »

2014.05.19

<主張>あの世で吉田茂が怒っているーー「集団的自衛権」容認支持した安倍晋三首相

 5月15日、安倍晋三首相の私的懇談会は憲法解釈を変更して「集団的自衛権」の行使を容認するよう求める報告書を出した。それにしても、時が経てばこれほど考えが変わるものか!? 安倍首相の大先輩である吉田茂元首相は、いまの憲法制定時の国会論議の中で、共産党議員に自衛権のために軍隊を持たないことはいくら何でもおかしいくないかと問われ、こう答えていた。「国家正当防衛権に依る戦争は、正当なりとせらるるようであるが、私は、かくの如きことを認むることが有害であると思うのであります。近年の戦争は多くは国家防衛権の名において行われたことは顕著なる事実であります」。ただし、時の法制局は、国軍によらないゲリラ戦などで交戦することは認めている。が、侵略して来る相手は一国の軍隊だろうから、それではとても勝ち目はないだろう。これに対し、法制局はこう解説している。「我が国は今次敗戦の破局に深く鑑みる所あり、いかなる戦争をも発生せしめぬという固き決意に立ち、我国の安全と生存とをあげて平和を愛する世界の諸国民を公正と信義とに委ねると云う謂わば捨身の体制に立ったのであります。これが即ち本条(戦争の放棄)に示された徹底せる平和主義の根本精神とする所でありますが、我が国としては世界各国が将来何時の日か、我国の態度に追随し来ることを期待し、平和国家の先頭に立つことを誇りとするものであります」
 2014年5月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« ユニバーサルエンターテインメントの「第二次第三者委員会調査結果“不開示”」の呆れ果てた言い分 | トップページ | <芸能ミニ情報>第12回 ASKA逮捕で出て来た南部氏との意外な接点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59667381

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>あの世で吉田茂が怒っているーー「集団的自衛権」容認支持した安倍晋三首相:

» 安倍内閣を暴走させているのは官僚権力である [私は隠れ癌患者]
●官僚権力が実権を握る中で、なぜ安倍内閣は暴走できるのか ●福島第一原発事故の実態が明らかになればなるほど、官僚権力の権力維持に困難さが出てきている ●官僚権力が権力維持をするためには国民弾圧態勢の強化が必要と、国家主義的な方向で戦争のできる国づくりを進め...... [続きを読む]

受信: 2014.05.27 12:21

« ユニバーサルエンターテインメントの「第二次第三者委員会調査結果“不開示”」の呆れ果てた言い分 | トップページ | <芸能ミニ情報>第12回 ASKA逮捕で出て来た南部氏との意外な接点 »