« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第230回 芸能界引退か!? 離婚ショックの西川史子に同情の声無し」 | トップページ | <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 »

2014.04.30

<記事紹介>「学校を食い物にする『設立屋』。創設者、銀行、県学事課も結託?」(本紙・山岡。『ベルダ』5月号)

 本紙・山岡は会員制月刊総合情報誌『ベルダ』(べストブック)に「狙われるシルバー世代」という3P連載ページを持たせてもらっているが、その115回目になる今月号は是非とも紹介しておきたい。まさに「善人滅び、悪人栄える」の典型例といえるからだ。善人は「米山元常」(76)氏という元千葉県習志野市議。悪人は千葉県習志野市の学校法人「三槙学園」(「千葉スクール・オブ・ビジネス」など運営も休校)の元理事長、千葉県学事課、それに何といっても旧東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)だ。それに付け加えられるのが、そんな悪実を認める司法(2審で悪人側を逆転勝訴に)。詳細は是非、この記事をお読みいただきたいが(有料部分に冒頭写真の記事続きを転載)、要するに、当初から旧東海銀行は元理事長と結託し、本来は寄付すべき学校建物や専門学校の買収資金約8億円(同行が融資)を学園の借金に付け替える算段(最終的には学校不動産は競売に)だったようなのだ。
 2014年4月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第230回 芸能界引退か!? 離婚ショックの西川史子に同情の声無し」 | トップページ | <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59555434

この記事へのトラックバック一覧です: <記事紹介>「学校を食い物にする『設立屋』。創設者、銀行、県学事課も結託?」(本紙・山岡。『ベルダ』5月号):

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第230回 芸能界引退か!? 離婚ショックの西川史子に同情の声無し」 | トップページ | <芸能ミニ情報>第9回 「東スポ」氷川きよし恐喝被害報道の真相 »