« <新連載 芸能ミニ情報>第5回 芸能界の闇を告発する朝堂院大覚氏に逮捕説 | トップページ | <記事紹介>「『餃子の王将』社長射殺事件の驚愕真犯人像」(『週刊大衆』4月28日号) »

2014.04.14

<連載>カー関連LED特許を中小企業から騙取(?)した「小糸製作所」(第2回)

 この連載第1回目では、東証1部、自動車照明首位の「小糸製作所」(7276。東京都港区)ともあろうものが、否、だからこそ逆にその優越的地位でもって、「アムクルー」(静岡市。松永英人社長)という零細企業のカー関連LED特許を騙取したとされる概要を述べた。第2回目の今回は、加えて、小糸側の窓口責任者だった新事業推進部部長が、うちと取引すればカー関連以外でも3年で350億円(証拠のメールあり)、カー関連なら約3000億円市場の2~3割は押さえたい(こちらは口頭で。ただし複数の証人あり)などと松永社長の前にニンジンをぶら下げ、自身の個人的な家族旅行や、クラブでの飲食代、さらに女性の“お持ち帰り”代まで松永社長に支払わせていた事実をスッパ抜く。本紙の常識からすればなおさら理不尽としか思えないのだが、まさかそんなに小糸は偉く、そして許される行為とでも思っているのだろうか? もっとも、小糸は取材拒否なのでコメントさえもらえなかった。
2014年4月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <新連載 芸能ミニ情報>第5回 芸能界の闇を告発する朝堂院大覚氏に逮捕説 | トップページ | <記事紹介>「『餃子の王将』社長射殺事件の驚愕真犯人像」(『週刊大衆』4月28日号) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59470191

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>カー関連LED特許を中小企業から騙取(?)した「小糸製作所」(第2回):

« <新連載 芸能ミニ情報>第5回 芸能界の闇を告発する朝堂院大覚氏に逮捕説 | トップページ | <記事紹介>「『餃子の王将』社長射殺事件の驚愕真犯人像」(『週刊大衆』4月28日号) »