« <連載>カー関連LED特許を中小企業から騙取(?)した「小糸製作所」(第2回) | トップページ | 「インスパイアー」の上場廃止逃れ増資に疑義(Ⅲ) »

2014.04.15

<記事紹介>「『餃子の王将』社長射殺事件の驚愕真犯人像」(『週刊大衆』4月28日号)

 4月14日発売の『週刊大衆』(双葉社)が、例の「餃子の王将」で知られる「王将フードサービス」(9936。東証1部)・大東隆行社長(当時)の射殺事件につき、興味深い記事(3P)を書いている。タイトル通り犯人像に迫っているし、その動機もこれまで一部マスコミで取り上げられている説とは異なる。暴力団情報に強い同誌ならではの情報から来ているようだ。ただし、名誉毀損などを考慮してのことか、余りに表現をボカし過ぎていて、せっかくのオリジナル情報なのに、読者には何をいいたいのかほとんど理解できない作りになってしまっている。そこで、以下、解説すると……。
 2014年4月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>カー関連LED特許を中小企業から騙取(?)した「小糸製作所」(第2回) | トップページ | 「インスパイアー」の上場廃止逃れ増資に疑義(Ⅲ) »