« 奈良県高取町と大手産廃業者との癒着疑惑 | トップページ | <ご注意!>本紙を語り、「反社」絡みで上場企業などに質問状送付する事例が発覚 »

2014.03.24

フリーライター(本紙・山岡も)が、特定秘密保護法差止訴訟提起へ

 本紙でも既報のように、3月15日(土)に勉強会を行い、3月23日(日)にも再度集まり、天下の悪法=特定秘密保護法制定に関して、同法を制定した国を提訴すべく、最後の詰めの作業を行った。予定通り3月28日(金)に提訴し、同日、弁護士2名と共に東京地裁内の司法クラブで記者会見を行う。現状、原告に名を連ねているフリーライターは寺澤有氏(代表)、林克明氏、今西憲之氏、横田一氏、明石昇二郎氏、木野龍逸氏、三宅勝久氏、安田浩一氏、豊田直巳氏、黒薮哲哉氏など41名(本紙・山岡も含む)。憲法に違反した法律(=特定秘密保護法)が出来たとして同法無効を求める特異な訴訟内容なので、裁判所が門前払いするとの見方もあるが、こちらの弁護士2名は、過去の判例からそれはあり得ないと断言した。
 2014年3月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 奈良県高取町と大手産廃業者との癒着疑惑 | トップページ | <ご注意!>本紙を語り、「反社」絡みで上場企業などに質問状送付する事例が発覚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59348839

この記事へのトラックバック一覧です: フリーライター(本紙・山岡も)が、特定秘密保護法差止訴訟提起へ:

« 奈良県高取町と大手産廃業者との癒着疑惑 | トップページ | <ご注意!>本紙を語り、「反社」絡みで上場企業などに質問状送付する事例が発覚 »