« <ミニ情報>法政大学「暴処法裁判」全員無罪が確定。一転して国賠訴訟へ | トップページ | 「餃子の王将」社長射殺事件で、再浮上したゴルフ場トラブル説 »

2014.03.01

電通子会社LED事件ーー最大被害46億円ウェルバーグ商流にも手を付けた警視庁組対の狙いとは?

 電通子会社「電通ワークス」(東京都中央区)に照明の架空取引を持ちかけたとされるこの事件、警視庁組織犯罪対策4課は2月28日、LED開発会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」(WWE。同)の実質的経営者・津田悦資(63)、同社社長・長谷川篤志夫(67)、同開発会社「WCM」(東京都墨田区)の前社長・佐藤勝浩(51)ら5名を再(再)逮捕、また新たにコンサルタント会社「ウェルバーグ」(神奈川県横浜市西区)の社長・千葉勝久を逮捕した。この事件におけるLED発注の商流は大きく3つに分けられる。(1)LED使用希望者→代理店→電通ワークス→WWE、(2)LED使用希望者→代理店→電通ワークス→WWE以外の開発会社、(3)LED使用希望者→ウェルバーグ→電通ワークス→WWE→製造会社「エフティコミュニケーションズ」(東京都中央区)。津田容疑者ら逮捕の1度目(被害額約2億3000万円)、2度目(約8億円)は(1)の商流に該当する。これに対し、今回逮捕は(3)の商流に該当するが、エフティコミュニケーションズはジャスダック上場企業(2763)で、LEDはキチンと製造されていたという。そのため、詐欺に問うハードルは高いとして、当初、今回の(3)ルートには手を付けないのではないかとの見方もあった。
 2014年3月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>法政大学「暴処法裁判」全員無罪が確定。一転して国賠訴訟へ | トップページ | 「餃子の王将」社長射殺事件で、再浮上したゴルフ場トラブル説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59215917

この記事へのトラックバック一覧です: 電通子会社LED事件ーー最大被害46億円ウェルバーグ商流にも手を付けた警視庁組対の狙いとは?:

« <ミニ情報>法政大学「暴処法裁判」全員無罪が確定。一転して国賠訴訟へ | トップページ | 「餃子の王将」社長射殺事件で、再浮上したゴルフ場トラブル説 »