« 相撲協会理事候補選ーー№2の九重親方落選の背景 | トップページ | FX無登録勧誘で逮捕メンバーは、本紙指摘のあのマイケル・ジャクソン詐欺疑惑商法社長ら »

2014.02.01

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第224回 大沢樹生vs喜多嶋舞の実子騒動で注目ーーわが子のDNA鑑定」

“人の不幸は蜜の味”と昔からいう。大概のことには驚かない私だが、今回の大沢樹生(44)vs喜多嶋舞(41)の実子騒動には驚いたと同時に、どんなテレビの特番より迫力があり、人間の業の深さに酔った。事の発端は昨年末、『週刊女性』が、大沢と長男(17)がDNA検査を受けたところ「父子確率0%」という結果が出たと報じたこと。これを受け、大沢は「事実は事実です」とコメント。年が明けてからは泥沼騒動になり、これで大儲けしたのが『週刊女性』と『女性自身』だろう。便乗しているのが『週刊新潮』と『週刊文春』の2大誌。師走の24日にスクープした『「週刊女性』は大増刷。年明けて『女性セブン』、『女性自身』が参戦。もちろん、売り上げが普段の3~4倍にもなるからだ。この騒動は男性読者も大いに興味はあるのだろうが女性誌を買わないし、不倫している妻は多いだろうからダンナの前で話題にするのは避けるだろうから、ここは男性読者のために親しい芸能記者に解説してもらう。「喜多嶋は芸能界でも有名な尻軽女。共演者キラーで、奥田瑛二、石田純一、西島秀俊、香川照之など、軒並み関係があったと書かれて名を売ったんです。一方の大沢はジャニーズ事務所のアイドルグループだった光GENJIの元メンバーです」。解説は続く。「今度の件、実は最初、大沢自ら『女性自身』に持ち込んだんです。そして最終原稿まで行ったんですが、さすがに人権問題だってことでボツに。そこに、『週刊女性』がイケイケで飛びついて記事になったんです」(同)
 2014年1月31日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 相撲協会理事候補選ーー№2の九重親方落選の背景 | トップページ | FX無登録勧誘で逮捕メンバーは、本紙指摘のあのマイケル・ジャクソン詐欺疑惑商法社長ら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59047027

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第224回 大沢樹生vs喜多嶋舞の実子騒動で注目ーーわが子のDNA鑑定」:

« 相撲協会理事候補選ーー№2の九重親方落選の背景 | トップページ | FX無登録勧誘で逮捕メンバーは、本紙指摘のあのマイケル・ジャクソン詐欺疑惑商法社長ら »