« 「エステート24」秋田新太郎社長に群がったワル(上) | トップページ | いまも残っていた、「餃子の王将」側と福岡県ゴルフ場側との巨額債務問題(続) »

2014.02.15

社名の表示もなしーー詐欺疑惑会社「天成ホールディングス」改め「新日本マテリアル」オーナー自宅を直撃(続)

 中村浩一郎氏(44)が率いる「天成ホールディングス」改め「新日本マテリアル」(鹿児島市金生町)、「シールド」(同)は、前回報告したように、現在はほぼ開店休業状態と思われる。こうしたなか、社員の多くはすでに転職しているが、これまでレポートして来たように、新日本マテリアルなどは詐欺疑惑が出ており、とてもまともな会社と思えない。それだけに、同社を去った後、またいかがわしい商売をしている者は決して少なくないようだ。昨年11月11日、大阪府警生活環境課は薬事法違反(未承認医療機器の広告)容疑で、輸入代行会社「エクセルシオール」(大阪市中央区)の社長らを書類送検した。エクセルは若者に人気のわが国では未承認の韓国製カラーコンタクトレンズの輸入代行を行っていた。輸入代行はグレーゾーンながら、韓国業者から広告料を取っていたことからこちらを適用した。このエクセルの社長は「中薗」というが、彼は以前、シールドの大阪支社の部長をしていた。その他、天成ホールディングス時代、中部エリアマネージャーをやっていた「下田」なる人物は、現在、名古屋市内で中高年向けのイベントや交流会を開催する会社F社の代表を務める。要注意だろう。さて、本題の中村氏が昨年、大学教授から3500万円借り入れ、返済期限をとっくに過ぎたいま現在も、一銭も返していない件について追加報告しよう。それにしても、なぜ、東大大学院卒のK教授(54)は、中村氏と知り合い、大金を貸すに至ったのか?
2014年2月16日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「エステート24」秋田新太郎社長に群がったワル(上) | トップページ | いまも残っていた、「餃子の王将」側と福岡県ゴルフ場側との巨額債務問題(続) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59138602

この記事へのトラックバック一覧です: 社名の表示もなしーー詐欺疑惑会社「天成ホールディングス」改め「新日本マテリアル」オーナー自宅を直撃(続):

« 「エステート24」秋田新太郎社長に群がったワル(上) | トップページ | いまも残っていた、「餃子の王将」側と福岡県ゴルフ場側との巨額債務問題(続) »