« “ムード演歌の女王”松尾和子・長男の死の真相 | トップページ | 落選でも細川・小泉「脱原発」新党ーー党首にサプライズも »

2014.02.06

内閣府キャリア変死ーーまさに怪死。スパイ説も

 北九州市沖の響灘で1月18日、ゴムボートと共に遺体で発見された内閣府職員S氏(30)のことだ。S氏は東京大学大学院卒。現在は系列シンクタンク「経済社会総合研究所」に所属。昨年7月に公務員留学制度を利用し、米ミネソタ大に2年の予定で留学していた。もっとも、内閣府の承認を受け1月7日~12日まで、経済関係のセミナーで出席するため韓国に来ているはずだった。実際、7日、仁川空港から入国はしていた。しかし、S氏は同セミナーには出ておらず、韓国からの出国記録もないなか、突如、わが国北九州市沖の寒風吹きすさぶ海上にゴムボートで現れ、死んでいたのだ。身分証明書も所持してなかった(ただし、自分名義のクレジットカードは所持)。第7管区海上保安庁は2月3日、死因を低体温症か水死と発表している。
2014年2月6日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« “ムード演歌の女王”松尾和子・長男の死の真相 | トップページ | 落選でも細川・小泉「脱原発」新党ーー党首にサプライズも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59083842

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣府キャリア変死ーーまさに怪死。スパイ説も:

« “ムード演歌の女王”松尾和子・長男の死の真相 | トップページ | 落選でも細川・小泉「脱原発」新党ーー党首にサプライズも »