« <ミニ情報>山口組№2恐喝事件、2審も懲役6年。上告 | トップページ | <お知らせ> 「アクセスTV」第14回は3月1日午後3時から――東電の料金値上げ、中国へのODA問題、尊厳死法案など »

2014.02.25

電通子会社LED事件--本当の首謀者!? 佐藤勝浩被告の正体

 明日にはさらなる別件の詐欺容疑で再々逮捕の見方もある、電通子会社「電通ワークス」(東京都中央区)に照明の架空取引を持ちかけていたとされる事件だが、大手新聞各紙では首謀者はLED開発会社「ワールド・ワイド・エンジニアリング」(WWE。同)の実質的経営者・津田悦資被告と社長・長谷川篤志夫被告とされ、佐藤勝浩被告(51)は実名さえ報道されていない(ただしTVでは実名、顔の映像も流れた)。だが、この間の事情聴取などを通じ、当局も佐藤被告が一番の首謀者との認識に至っているようだ。では、この佐藤被告とはいかなる人物なのか?
2014年2月25日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <ミニ情報>山口組№2恐喝事件、2審も懲役6年。上告 | トップページ | <お知らせ> 「アクセスTV」第14回は3月1日午後3時から――東電の料金値上げ、中国へのODA問題、尊厳死法案など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59198889

この記事へのトラックバック一覧です: 電通子会社LED事件--本当の首謀者!? 佐藤勝浩被告の正体:

« <ミニ情報>山口組№2恐喝事件、2審も懲役6年。上告 | トップページ | <お知らせ> 「アクセスTV」第14回は3月1日午後3時から――東電の料金値上げ、中国へのODA問題、尊厳死法案など »