« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(420)細川VS舛添ーー都知事選とカジノ利権 | トップページ | 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? »

2014.01.23

不可解な1億3000万円返金訴訟ーー銀行口座履歴結果は次回口頭弁論期日に延期

  表向きは単なる借金返済訴訟(福岡地裁。事件番号は平成24年ワ第3512号)ながら、たいへんな奥があり得ると見て本紙がウォッチしているこの件、前回記事では、K女史の銀行口座の履歴を裁判所命令で取ることが決まり、昨年12月24日の口頭弁論期日には照会結果が出ているだろうと記した。しかし、原告の池脇史真氏によれば、もう一回先の口頭弁論期日に延びたとのことだ。その結果、昨年12月24日の期日には、双方が準備書面を提出しただけに終わったという。その被告・K女史提出の「準備書面2」によれば、原告の「被告が(国際医療福祉大学グループ病院の)I教授の指示で全国の大学病院から寄付を募っている」「I教授の指示に従い特定の物品を届けていた」等の主張は事実無根で、原告側証人尋問で明らかになった、池脇氏親族からK女史への一部振り込みに関しても、自己名義の口座を利用させただけで、K女史は1銭も借りてないという。また、1億3000万円の借用証書も、K女史が騙されて署名押印したものに、池脇氏が後で金額や日付を入れて偽造したものに過ぎないという。
2014年1月22日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(420)細川VS舛添ーー都知事選とカジノ利権 | トップページ | 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58993723

この記事へのトラックバック一覧です: 不可解な1億3000万円返金訴訟ーー銀行口座履歴結果は次回口頭弁論期日に延期:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(420)細川VS舛添ーー都知事選とカジノ利権 | トップページ | 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? »