« 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? | トップページ | ユニバーサルエンターテインメントもーー「JPX日経インデックス400」銘柄に »

2014.01.24

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(421)「ゲートウェイ」社名に“石山”が冠せられた理由

   1月19日にも「石山Gateway Holdings」」(7708。JQ。以下、ゲートウェイ略。三木隆一社長。東京都港区)のことを報じたばかりだが、新たな情報が入って来たので追加報道する。それはなぜ、旧名「ゲートウェイホールディングス」に、“石山”が冠されたのかだ。ゲートウェイは昨年1月に第3者割当等を行い、「石山久男」氏が筆頭株主になった。それも47%以上。これだけ見れば、“石山”を冠するのも当然と思われるかも知れない。しかし、石山氏ないし関係者はゲートウェイの役員には入っておらず、社長は以前からの三木隆一氏。経営に関与するわけではない。では、それにも拘わらずなぜ“石山”が冠せられ、また三木氏もそれを許諾したのか?
2014年1月24日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? | トップページ | ユニバーサルエンターテインメントもーー「JPX日経インデックス400」銘柄に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59003070

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(421)「ゲートウェイ」社名に“石山”が冠せられた理由:

« 「電通」子会社詐取事件ーー当局が狙う「反社」とは!? | トップページ | ユニバーサルエンターテインメントもーー「JPX日経インデックス400」銘柄に »