« 安藤美姫の子どもの父親の正体 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(419)「石山Gateway Holdings」株価に変調が……。 »

2014.01.18

特養“乗っ取り”で、本紙指摘通り、暗躍する弁護士側に逆転敗訴の判決

 本紙は12年11月下旬、2度に渡り、特別養護老人ホーム「あかいの郷」(千葉県千葉市。社会福祉法人「徳和会」運営)を巡る、ヤメ検弁護士・高橋一弥氏など主導による“乗っ取り”の件を報じている。詳細はその過去記事をご覧いただきたいが、要するに、同特養で起きた不祥事を契機に、改善報告書作成の依頼を受けた高橋弁護士が裏で主導し、改善に取り組んでいた理事長を解任させ、知人の弁護士・小林春雄氏(元裁判官)を理事長に就け、実質、この2人の弁護士があかいの郷を乗っ取ってしまったというもの。依頼を受けた側の理事長を解任するなどしており、この2人の弁護士(千葉県弁護士会所属)は利益相反に問われる可能性もあると報じた。その際の記事では触れてなかったが、その後、小林氏は櫻井理事長解任は有効との判決を求め千葉地裁に提訴。昨年5月17日、千葉地裁は「解任は有効」と判決したが、櫻井氏が東京高裁に控訴したところ、昨年9月26日、「解任は無効」との逆転判決が出た。もっとも、小林氏は上告しているのでまだ判決が確定したわけではない。そのため、本紙では判決確定後報じようと当初は思っていたのだが、今回、判決確定を待たずに報じるのは、この特養を指導すべき千葉市が不可解な動きに出ているからだ。
2014年1月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 安藤美姫の子どもの父親の正体 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(419)「石山Gateway Holdings」株価に変調が……。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58968758

この記事へのトラックバック一覧です: 特養“乗っ取り”で、本紙指摘通り、暗躍する弁護士側に逆転敗訴の判決:

« 安藤美姫の子どもの父親の正体 | トップページ | <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(419)「石山Gateway Holdings」株価に変調が……。 »