« 王将社長射殺事件ーー中国・大連店舗巡るトラブル説が浮上 | トップページ | ユニバーサル訴訟ーー岡田会長が度重なる裁判所要請にも「陳述書」提出せず »

2014.01.04

<主張>栗林中将が泣いているーー新藤義孝総務相も靖国参拝

 12月26日の安倍晋三首相に続き、主要閣僚である新藤義孝総務相も1月1日、靖国神社を参拝したのは大手マスコミ既報の通り。新藤氏は太平洋戦争時、硫黄島で指揮を執り戦死した栗林忠道中将の孫で、12年12月の第2次安倍政権発足と共に就任し、以来、昨年元旦、敗戦記念日(8月15日)など折りに触れ参拝していた。そして、本紙では昨年8月15日の参拝を受け、<主張>を載せている。いまもそれとまったく同じ見解なので、関心のある方はそちらをご覧いただきたい。その際のタイトルは「栗林中将は何を思う」だったが、一層中韓との関係が冷え切っているなかの再度の参拝となると、もはや「栗林中将は泣いている」だ。
 2014年1月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 王将社長射殺事件ーー中国・大連店舗巡るトラブル説が浮上 | トップページ | ユニバーサル訴訟ーー岡田会長が度重なる裁判所要請にも「陳述書」提出せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58882422

この記事へのトラックバック一覧です: <主張>栗林中将が泣いているーー新藤義孝総務相も靖国参拝:

« 王将社長射殺事件ーー中国・大連店舗巡るトラブル説が浮上 | トップページ | ユニバーサル訴訟ーー岡田会長が度重なる裁判所要請にも「陳述書」提出せず »