« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(422)「ナカノフドー建設」と「慈恵実業」との癒着疑惑 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第224回 大沢樹生vs喜多嶋舞の実子騒動で注目ーーわが子のDNA鑑定」 »

2014.01.31

相撲協会理事候補選ーー№2の九重親方落選の背景

   先程、公益財団法人に移行したことを受け、新法人になった日本相撲協会の理事候補を決める選挙があり、97人の全親方が投票し、即日開票された。その結果、№2に当たる事業部長を務める九重親方(元横綱・千代の富士)が落選したという。本紙でも既報のように、ここに来て北の湖理事長(今回選挙で理事候補に)の側近の数々の疑惑が噴出していたことで、3月24日実施の理事選では、北の湖に代わり№2の九重親方が理事長に就任、その後を貴乃花親方(元横綱・貴乃花。理事候補に)が引き継ぐとの見方も出ていた。ところが蓋を開けてみれば、予想外というか、九重親方は理事候補にすらなれなかったわけだ。これでほぼ北の湖理事長の続投が決まったといっていいだろう。
 2014年1月31日掲載。この記事の続きを見たいは、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(422)「ナカノフドー建設」と「慈恵実業」との癒着疑惑 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第224回 大沢樹生vs喜多嶋舞の実子騒動で注目ーーわが子のDNA鑑定」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/59045505

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲協会理事候補選ーー№2の九重親方落選の背景:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(422)「ナカノフドー建設」と「慈恵実業」との癒着疑惑 | トップページ | <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第224回 大沢樹生vs喜多嶋舞の実子騒動で注目ーーわが子のDNA鑑定」 »