« 東京五輪を人質に、“脱原発”細川都知事選候補を恫喝する森元首相 | トップページ | 不可解な1億3000万円返金訴訟ーー銀行口座履歴結果は次回口頭弁論期日に延期 »

2014.01.22

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(420)細川VS舛添ーー都知事選とカジノ利権

   前日本弁護士連合会会長・宇都宮健児氏が一本化を拒否したことで、元厚労相・舛添要一氏の当選の可能性が高くなった東京都知事選(1月23日公示、2月9日投票)ーーとはいえ、かつての“小泉旋風”を思えば、まだ元首相・細川護煕氏の芽もないわけではない。細川氏と宇都宮氏の一本化があり得たのは、いうまでもなく「脱原発」で意見が同じだったから。だが、細川氏の「脱原発」ワンフレーズ選挙に、宇都宮氏はクソ真面目に反発して拒否したのだろうか。とはいえ、やはり「原発」が最大のテーマになりそうだが、もう一つ忘れてならないのが2020年東京オリンピック開催ともセットになったカジノ解禁の是非だ。
2014年1月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 東京五輪を人質に、“脱原発”細川都知事選候補を恫喝する森元首相 | トップページ | 不可解な1億3000万円返金訴訟ーー銀行口座履歴結果は次回口頭弁論期日に延期 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58988142

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(420)細川VS舛添ーー都知事選とカジノ利権:

« 東京五輪を人質に、“脱原発”細川都知事選候補を恫喝する森元首相 | トップページ | 不可解な1億3000万円返金訴訟ーー銀行口座履歴結果は次回口頭弁論期日に延期 »