« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013.02.23

新バージョン? 数百万円騙取された「ブラックマネー詐欺」の手口

「ブラックマネー詐欺」ーー薬品で「黒い紙片」に変えた紙幣を元に戻すため、別の薬品が必要だと偽り、薬品の購入代を騙し取るのがその基本的手口。黒い紙片にするのは、政府高官などが裏金を海外に持ち出すためで、何かとわけありのため、薬品購入代を出してくれたら、戻った本物の現金の数割を差し上げるという。犯人はアフリカの者が多く、黒い紙片の元はドル札が基本だ。手口も手口なので、日本人が引っかかるケースは極めて希のようだが、昨年8月、1万円札で、カメルーン人が捕まったケースがある。神奈川県警国際捜査課が詐欺未遂容疑で逮捕したもので、犯人らは横浜市都筑区にある会社事務所で、会社役員の男性(60)に対し、2億円相当の1万円札があるとして、元に戻す薬品代として1500万円を要求。男性には2億円の3割を払うとしたが、不審に思った男性が県警に相談し発覚したという。むろん、黒いのは紙幣ではなく、ただの画用紙だった。これに対し、本紙に情報提供があったのも、希と思われる日本円のケースだが、こちらは数百万円の既遂。被害に会ったのは、都内に住むブローカーA氏だ。まず少額ながら本物に還元する(?)のを実演して信用させ、また、現金も単純に薬品代を要求するものではなく、新バージョンといおうか、より巧みになっているようだし、1万円札のこの詐欺手口が増えているとの見方もある。というわけで、以下、被害者A氏に聞いたその手口を報告する。くれぐれも、ご注意を。
 2013年2月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.22

きな臭い、2人の「原発被災地」国会議員

 時事通信が、昨年12月の衆議院選挙で2度目の当選を果たした亀岡偉民代議士(自民党。福島1区。内閣府・復興政務官)の後援会主催の08年ゴルフコンペに、指定暴力団・山口組系の地元組長と、その上部団体幹部の共に妻が出席していたとスッパ抜いたのは2月19日のことだ。もっとも、亀岡氏によると、このコンペには200組が参加し、面識がある者は半分ぐらいで、指摘の2人の妻と面識はなかったと。菅義偉官房長官は20日の記者会見で、「現時点で、本人に事情を聴くことは考えていない」と語っている。というわけで、この件、ともかく現状では安倍内閣に打撃を与えることはないようだ。
 2013年2月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.21

破産手続き開始ーー“振り込め詐欺のドン”と事務所をシェアしていたトンデモ弁護士

 本紙でも既報のように、“振り込め詐欺のドン”ともいわれる大山多賀男被告(48)が、逃亡先のマカオで現地当局に発見され、強制送還されて大阪府警に逮捕されたのは昨年12月29日のこと。再逮捕され、現在も取り調べが続いている模様だが、この大山被告とタッグを組み、事務所までシェアしていたトンデモ弁護士がいた。弁護士法人「ユニヴァーサル法律事務所」(東京都新宿区)の森田哲治弁護士(54。東京弁護士会所属)がその人。ところが、金銭面も大山被告にほとんど面倒を見てもらっていたためか、それとも先を見越して先手を打ってのことか、ともかく1月29日に弁護士法人、個人共に破産申請し、同日、認められた。なお、弁護士法人といっても、所属弁護士はもう1人だけだった模様。
 2013年2月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの有名弁護士も一部メンバー代理にーー六本木撲殺事件、主犯容疑者を手配

 昨年9月、東京都港区六本木のクラブ「フラワー」(閉鎖)で、飲食店経営・藤本亮介さん(享年31)が目出し帽の集団に撲殺された事件で、警視庁麻布署捜査本部は本日、フィリピンに入国した後、行方がわからなくなっている見立真一容疑者(33)を公開手配した。捜査本部は、見立容疑者が裏で襲撃の指示を出した最大の主犯と見ている模様。襲撃に関わった者は、暴走族グループ「関東連合」の元メンバーが多いが、そのなかでもっとも学年が上で、リーダー格だったのが見立容疑者。容疑は凶器準備集合罪や殺人。ただし、これまでに18名を凶器準備集合罪で逮捕、内9名を殺人容疑で再逮捕しているが、殺人の立証は難しいとして、石元太一容疑者らを本日にも傷害致死で起訴する模様だ。
 2013年2月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

<ミニ情報>某大使妻がマルチ商法勧誘

 現役のわが国大使の歴とした妻が、日本でセミナーを開催して勧誘しているという。したがって、大使は相手国に単身赴任ということだろう。誤解のないように断っておくが、マルチ商法(連鎖販売取引)自体は、ネズミ講と違って違法販売ではない。しかし、一般の小売りと違って、営業活動も行うメンバーになってもらう場合、特定商取引に関する書面交付が義務づけられているのは、自身、大量の在庫を抱えたり、営業の際にオーバートークをしてしまうなど、マルチ商法は小売りにはない“特定利益”(不労所得)が入る分、リスクも高いためだ。そうしたことを考えれば、高い社会的身分のある者の妻が活動するのは、そのマルチ商法にとっては広告塔になり得るから、好ましいことではないだろう。
 2013年2月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

<ミニ情報>徳田毅代議士、今度は出入り業者のキックバック疑惑

 昨年12月、第2次安倍内閣の国土交通省政務官に起用された徳田毅代議士(41。当選3回。自民党)だが、ほどない今年2月、突如、辞任。(父は「徳洲会」グループの徳田虎雄理事長)。「一身上の都合」とされるが、実際は2月6日発売の『週刊新潮』(2月14日号)に載った、未成年女性に対する性的暴力に関する過去の出来事の発覚(金銭で和解)が、安倍内閣に波及しないためともいわれる。その徳田氏の事務所に出入りしているある企業の疑惑が、ここに来て事情通の間で噂になっている。
 2013年2月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.20

関西で相次ぐ反原発運動への弾圧――逮捕・起訴された6名の即時釈放を求め、緊急記者会見

 大手メディアはほぼ黙殺しているが、昨年9月の大飯原発の再稼働以後、年末までに、関西で延べ11人にものぼる逮捕者が出ている。主要な「事件」は2つある。一つは昨年11月13日、大阪市がれき処理説明会での抗議行動において、「建造物侵入」容疑で4名が現行犯逮捕され、内3名が「威力業務妨害」で起訴されたもの。もう一つは、昨年10月17日、JR大阪駅付近での街頭宣伝において、「鉄道営業法違反」等容疑で3名が令状逮捕され、内1名が「威力業務妨害」で起訴されたものだ。この一連の逮捕・起訴の不当性を訴え、速やかな釈放を求める緊急記者会見が、昨日2月19日、参議院会館で開かれた。主催したのは、「関西大弾圧救援会・東京の会」。会場にはフリー記者のほか、反原発運動の参加者ら約80人が集まった。大阪駅街宣の件で逮捕され、処分保留で釈放された下地真樹氏(阪南大学准教授)は語る。「これは広域瓦礫処理の問題など、行政の施策に異議を唱え、抵抗する市民運動への弾圧です」。大学教員であり住所も明確であるにもかかわらず、「『逃亡・証拠隠滅の恐れ』と理由をこじつけて逮捕された。警察が恣意的に捜査対象を決め、検察も恣意的に起訴する。これをチェックする制度がない。裁判所も“令状製造機”になっている」と批判した。下地氏の逮捕状況について、同席した石埼学氏(龍谷大学法化大学院教授)は「下地氏らが街宣した場所は大阪駅の東広場という公共スペースで、ミュージシャンが演奏して人だかりができている場所です。そこを通り過ぎただけ。これは、とうてい犯罪に当たるものではない」と批判した。
 2013年3月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの大場一派が上場企業トップにーー早くも持ち分売却の動き

 本紙既報のように、当初、1月25日開催のパチンコ・医用向け3次元グラフィックスLSI・応用製品開発主力「リアルビジョン」(6786。マザーズ。横浜市港北区)の臨時株主総会では、代表に就くのは前常勤監査役であり、池畑勝治氏は一取締役に就く予定に過ぎなかった。ところが、蓋を開けてみると、修正動議が出され、これが可決され、池畑氏がリアルビジョンの代表に就いてしまった。「就いて“しまった”」というのは、池畑氏は、名うての株式ブローカー・大場武生氏の一派であり、大場氏は表に出られないため、その代わりにまずは株買い占めを行い、半導体テスト開発受託会社「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)の経営に介入。そのシスウェーブが今度はリアルビジョンの株を買い占め、リアルビジョンにも介入して来たのだった。
 2013年2月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

<主張>「99%の国民を不幸にするTPP問題の本質」

  今月22日、米ワシントンで開かれる日米首脳会談を前に、日本のTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への交渉参加問題が焦点化して来ている。親米の安倍晋三首相はもともと賛成派だが、自民党内も多数の慎重派を抱えている。そのため、首脳会談では「関税撤廃に例外もありうる」との言質をオバマ大統領から引き出し、慎重派を説得すると見られる。だが、そもそもTPP問題で問われているのは関税だけではない。それどころか、自由貿易といえば聞こえはいいが、その本質は、それを錦の御旗に、米国が自分のところの現状では売れないものやサービスを押しつけるというもので、そんな言い分を聞いていたら他の国の一般国民、99%は迷惑を被るだけだ。その米国の具体的な要求につき、民主党政権で農水相を務め、TPP反対で民主党を離脱した山田正彦前衆院議員の『月刊マスコミ市民』(13年1月号)におけるインタビュー記事が実に示唆に富んでいるので紹介する。例えば、米国はわが国に軽自動車の分類を止め、軽自動車の税金を低くしているのを止めろと。さらに車検も止めろ、為替介入も止めろといっているという。米車はバカでかく重いし、車検分も安くし、競争力を増そうということのようだ。だが、それは省エネ、環境汚染防止にも反するし、車検を無くせば事故も増えるだろう。何より、自分のところの車を売るため、そんなことまで要求するのは完全な内政干渉だろう。円高を是正する為替介入も罷り成らんというのだ。
 2013年2月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.18

アルゼ比4000万㌦疑惑の渦中のソリアーノ氏に、わが国暴力団との反社疑惑

 本紙が追及しているパチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧名アルゼ。東京都江東区。6245。JQ)がフィリピンでのカジノ事業進出に当たって時のアロヨ政権周辺などに渡した贈収賄疑惑ーーその額は少なくとも4000万㌦(約34億円)で、内1000万㌦がアルゼに還流していたことも本紙は指摘しているが、アルゼはその後、この不適切な会計処理があったことを認めている(2月14日のアルゼIR、最後の追加情報中「第3者委員会の提言に対する当社の対応」にさりげなく書かれている)。その4000万㌦、内3500万㌦(さらに内1000万㌦がアルゼ側に還流)は「スービック・レジャー」(比)、残りの500万㌦は「ピープルズ・テクノロジー」(香港)という会社の銀行口座に振り込まれたが、この両社はロドルフォ・ソリアーノ氏の会社だ。この2社から、さらに3000万㌦(の一部)がどこへ渡ったかは現状、不明だ。だが、単なるコンサルタント料というには桁外れの額である上、ソリアーノ氏は比政界に太い人脈を持つロビイストとして知られ、また、比のカジノ業界を監督する「フィリピン娯楽賭博公社」(PAGCOR)のトップ・ヘニュイーノ会長(当時)の側近として知られていたこと、さらには「ロイター」(1月4日記事)既報のように、そのソリアーノ氏と比アロヨ大統領(当時)の夫、アルゼの岡田和生会長、PAGCOR幹部が一緒に比現地でボクシングを観戦しているといった事実もあり、今回の疑惑が浮上しているわけだ。このように、ソリアーノ氏は今回疑惑の当事者であると共に、岡田会長と比側の仲介をしたと思われ、最大のキーマンであるわけだ。そのソリアーノ氏が、わが国の指定暴力団元幹部と密接な関係にある証拠を本紙は入手した。この件は捜査当局も把握している模様で、今後、贈収賄に続いて反社疑惑も大きく報道されそうな雲行きだ。
 2013年2月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.17

<連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第2回)

 連載1回目で、埼玉県(上田清司知事)が、何が何でも知的障害者施設「啓朋学園」(=冒頭写真)などを運営していた社会福祉法人「翌檜会」(本部・埼玉県鴻巣市)を存在させたくないようで、保護者の一部とも連携し、あの手、この手で仕掛け、ついには理不尽な理由で持って、この2月末を持って解散でまず決まりという状況になっていることを報告した。では、なぜ県はそこまでの挙に出たのか!?  結論を先にいえば、それはそもそもは翌檜会が受け入れた県OBを解任したことにあるようなのだ。「01年6月ごろ、県が選定した県社会福祉事業団OBが学園の施設長に天下ります。ところが、このOB、天下り直後から自分の給与を水増しするなどしていたことが発覚、04年2月に解任されます。その直後、啓朋学園の直の担当部署である県福祉部障害福祉課長が『県が紹介したOBを解任するとはけしからん。何が何でも金子俊也理事長に責任を取らせる!』と漏らしていたとの情報があります」(関係者)。本紙でも既報のように、翌檜会の創設者で理事長でもあった金子氏が学園の入居者から集めた寄付金計787万円を業務上横領した容疑で逮捕されたのはそれから約1年4カ月後のことだった。もっとも、その787万円、その一部が金子氏が別に経営する幼稚園の資金繰りに一時的に流用されたのは事実だが、それは幼稚園の資金が啓朋学園の工事代金に使われていた分と相殺したものだった。また、残り分は、「顧問」の肩書きで金子氏の信任を得て学園に入り込み工事資金の水増しなどで学園資金を騙取、学園を資金難に陥らせた「市田康介」なる事件屋が使い込んだことがわかっている。
 2013年2月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »