« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月3日 - 2013年11月9日 »

2013.11.02

監視委がAPF・此下会長に41億円課徴金勧告ーー「ウェッジHD」株価吊り上げ(偽計)で

 証券取引等監視委員会は本日、虚偽の内容を公表して「ウェッジホールディングス」(2388。JQ。東京都中央区)の株式を吊り上げた金融商品取引法違反(偽計)の疑いで、此下益司氏(46)に約41億円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告したと発表した。虚偽情報の公表で投資家を欺くことを禁じた偽計を適用した勧告は初めて。また、その額は過去の課徴金のなかで最高だ。此下氏は、ウェッジHD並びに「昭和ホールディングス」(5103。東証2部)を傘下に置く、タイ投資ファンド「アジア・パートナーシップ・ファンド(APF)」(タイ・バンコク)の代表。ウェッジHDは10年3月4日、自社HPでおいて8億円の転換社債引受をIR。転換社債を発行するのはタイに本社を置くリゾートホテル所有会社への投資事業を行う会社。もっとも、それは此下氏率いるAPF傘下企業だった。結果、将来の高利益予想を見込んでウェッジHDの株価は約3倍にも急騰。しかし、証券取引等監視委員会はその8億円の購入資金の一部は、これまた別のAPF傘下企業から貸りたものだが、ほどなくその資金は還流。また、そもそも社債を発行したとされるタイの企業は債務超過で発行資格が無い。つまり、その実態は株価吊り上げを狙った架空の取引だったと見て、今回の重い処置に踏み切ったようだ。
2013年11月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

「SFCG」大島健伸元社長に、検察側は懲役8年求刑

   商工ローン大手だった「SFCG」(旧商工ファンド。破産)が民事再生を申請(08年12月)する直前、ファミリー企業に約418億円の債権譲渡が実質的に無償でなされていたとして、民事再生法違反(詐欺再生)や会社法違反(特別背任)などに問われている、SFCG創業者で元社長の大島健伸被告(65)の論告求刑公判が東京地裁で本日あり、検察側は「(SFCGにおいて)強大な地位にあることを悪用して、継続的かつ計画的になされた悪質な犯行」などと断じ、懲役8年の実刑を求めた。大島被告は一貫して犯行を否認している。しかし、大手マスコミに先駆けて同事件を報じ、またマスコミで事件後唯一大島被告にインタビュー取材した本紙(計75回報じている)としては、この求刑でも軽いぐらいというのが率直な感想だ。
2013年11月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (2) | トラックバック (0)

融資詐欺で逮捕された「エステート24」秋田社長ーー浮上する闇人脈との接点

 10月19日、大阪府警にみずほ銀行からの融資金約2億円の詐欺容疑で逮捕された太陽光発電システム販売会社「エステート24ホールディングス」(大阪市北区)の秋田新太郎社長ーーこれを契機に、急激な売上げを支えていた営業手法の問題と共に、本紙既報の奈良県大淀町の不動産を巡る詐欺事件以外にも闇金脈との接点が浮上して来ている。それどころが、そもそも今回の逮捕は“別件逮捕”との見方さえ出ている。みずほ銀は一度は融資を通したわけで、通したみずほ銀のチェック・ミスとの批判も出かねない。それにも拘わらず事件化させたのは、エステート21と秋田新太郎社長に関する悪い噂が余りに多く、当局が目を付け、当局主導でのことで、狙いは別もあるのでは、というわけだ。
2013年10月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.31

<お知らせ>発売中の『週刊ポスト』が、本紙指摘のみずほ銀別件問題を掲載(Ⅱ)

 本紙・山岡が情報提供、取材協力したみずほ銀行別件問題に関する記事(3ページ分)が、いま発売中の『週刊ポスト』(小学館)に掲載されていることは既報したが、その告発人がこの10月14日、金融庁に出した「みずほ銀行の業務に対する監督・指導強化要望書」なる文書がある(4ページ)。ポスト記事中でも、「為替手形を使ったこの方法がいまも行われている可能性があるとして」出され、それに対し、金融庁担当者から「速やかに実態調査を開始する」と連絡があったと紹介されているものだ。それを以下に転載する。
2013年10月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.29

原監督恐喝事件と根っこは同じーー『週刊文春』で明かされなかった、巨人エース内海「女性問題」関係者実名

 明日発売の『週刊文春』(基本は木曜だが、休日の関係で今週は水曜)が、プロ野球巨人軍のエース・内海哲也投手(31)の女性問題に関する記事を2ページで掲載している。キャバクラで知り合った女性と関係を持ったところ、その女性の背後に暴力団関係者がいてトラブルに。しかも、その処理を元暴力団組員に頼んだものだからさらに別のトラブルになり、今シーズン終盤についに球団に報告。現在、読売グループ上げて水面下での処理に奔走しているというのがおおよその内容だ。事が事という事情もわからなではないが、しかし、それら関係者の実名はすべて伏せられ、イニシャルにもなっていない。
 2013年10月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.28

プロ野球・金本知憲元選手から1億円以上詐取ーー犯人に、懲役8年の判決

 プロ野球・阪神タイガースなどで活躍した金本知憲元選手(45)から、競艇の場外舟券売り場建設関係名目で1億1000万円以上を詐取した詐欺容疑で逮捕・起訴されていた男の判決が本日あり、さいたま地裁は求刑通り懲役8年の実刑判決を言い渡した。その男とは、金本氏が広島カープ時代に知り合い、家族ぐるみのつきあいをしていたこともある本多善光被告(46。埼玉県和光市)。競艇関係会社「ジェイ・エフ・シー」(東京都港区)の仲良く共同代表に就いていたこともあった。金本氏は引退後に事業をすることを考えていて、いわれるまま06~09年にかけ預けたという。今年5月の証人尋問に金本氏も出廷。「一番の親友と思っていた気持ちを踏みにじられた」「厳罰を」などと訴えていた。
 2013年10月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.27

<お知らせ>明日発売の『週刊ポスト』が、本紙指摘のみずほ銀別件問題を掲載

 明日発売の『週刊ポスト』(小学館)で、本紙がいち早く報じたみずほ銀行の別件問題、具体的にいえば、みずほ発行の為替手形が暴力団の手に渡り、つい最近、恐喝容疑で告訴・受理された件が取り上げられている。本紙・山岡が情報提供し、取材協力もした。この号、8ページ(?)で銀行特集が組まれている模様で、そのなかで3ページがこの件に割かれている。是非、ご覧いただきたい。
 2013年10月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月20日 - 2013年10月26日 | トップページ | 2013年11月3日 - 2013年11月9日 »