« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

2013.10.19

<ミニ情報>ブルネイ国王甥っ子らの詐欺話にご注意

 本紙では、今年8月のTPP交渉開催地にブルネイがなったことからその時期に合わせ、ブルネイ国王甥っ子と、その詐欺話をわが国で仲介する「高島貞幹」(73)なる人物らの重大詐欺疑惑を4回に渡り特集した。なかには取材に動いた社もあったが、大手マスコミは提訴されるリスクを恐れてかまったく後追い報道してくれていない。しかし、これにより人生を台無しにされたという被害者の怒りは凄まじく、そんなことでへこたれるわけもない。本紙報道を契機に、同様の被害に会わないように注意を呼びかけたHPを新設したという(*ココをクリックすれば無料で見れます)。
 是非、ご覧いただき注意すると共に、失踪中の高島氏の消息など、何らか関連情報があれば本紙ないし同HP連絡先にメールいただきたい。
 2013年10月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの「エステート24」秋田新太郎社長が融資詐欺で逮捕に

  大阪府警捜査2課は本日、みずほ銀行から融資金約2億円を騙し取った詐欺容疑で、太陽光設備販売会社「エステート24ホールディングス」(大阪市北区)の秋田新太郎社長(28)と、同社元財務担当執行役員(36)の2人を逮捕した。エステート24といえば、3・11震災後の自然エネルギーブームに乗り、まだ創業4年余りながら急成長。12年12月期の売上高は約135億円、今期は倍増の見込みで、小さな上場企業よりはるかな大きな業績を記録。本紙でも既報のように、秋田社長と部下2人は今年6月、「A.Cホールディングス」(1783。JQ。東京都港区)の.取締役に一時地就任したが、実はこれはA.C買収への布石だったと見られる。逮捕容疑は昨年9月ごろ、みずほ銀行から受けた2億円。
 2013年10月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(404)「MCJ」株価急騰と“村上ファンド”

 10月9日(水)からパソコン関連企業「MCJ」(6670。マザーズ。東京都台東区)の出来高が急増すると共に、株価も急騰し、今週も高値状態で推移した。MCJの株価は10月8日まで100円台で推移していたが、翌9日から200円台半ばまで跳ね上がり、16日には一時339円までつけた。本日も321円まで付け、300円で取引を終えている。その原因は8日、MCJのHPに、「レノ」(東京都港区。三浦恵美代表)から同社株式の大規模買付を行うとする「意向表明書」が同日付けで届いたとIRされたことだった。「レノ」とは、本紙でも既報のように、ニッポン放送株のインサイダー事件で一敗地に塗れたあの村上世彰氏のダミーではないかといわれている会社だ。
 2013年10月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2013.10.18

閣議決定が迫る「特定秘密保護法案」につき、参院会館で反対集会

 機密を漏らした公務員らへの罰則強化を盛り込み、国民の「知る権利」を侵害する恐れがある「特定秘密保護法案」だが、昨日10月17日に自民・公明両党へ修正案が示され、いよいよ25日にも閣議決定される見通しだ。こうしたなか、昨日午後5時より、参議院会館で「秘密保全法~絶対止めたい!絶対止めよう!」集会が開かれ、参院議員と市民が集まった。集会を呼びかけたのは、反原発や反TPPを掲げ活動している「火炎瓶テツ」氏。出席した参院議員は、福島瑞穂(社民)、仁比聡平(共産)、吉良よし子(共産)、山本太郎の各氏。司会のテツ氏が「なぜ政府は急いで秘密保護法を作ろうとしているのか」と問いかけると、福島氏は「安倍首相は来年の通常国会に、集団的自衛権の行使を可能にする国家安全保障基本法を成立させようとしているが、秘密保護法はこれにビルトインされている。だから今、成立させる必要がある。つまり秘密保護法は、戦争のできる国への第一歩だ」とその狙いを述べた。また、法案の成立過程も秘密に満ちているとし、「有識者会議の議事録を見せてと要求したら『議事録は作成してない』と。ではメモを見せてというと『メモは全員が廃棄した』と。全員とは何人かと聞いたら、『それは秘密です』との返事が返ってきた。何が秘密なのかも秘密。そして永久に隠蔽される」と暴露し、会場から怒りの声が上がった。福島氏は続けて、「ところが法案には『外国政府や国際機関に必要に応じて特定秘密を提供できる』とある。この外国政府とはどこかといえば・・・」会場からすかさず「アメリカだ!」と返答があった。
 2013年10月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

第3者破産、役員解任まで申し立てられた「YAMATO」川合アユム社長

   いくら“危ない上場企業”といっても、ここまでやられるのはさすがにめずらしいのではないか。情報セキュリティー関連だった「YAMATO」(大阪市淀川区。7853。マザーズ)の創業者でもある川合アユム社長のことだ。10月7日、株主から「ここ数年赤字が常態化している。経営状態の低迷・悪化が著しく、経営者としての適正に疑問を抱かざるを得ない」として、12月開催予定の定時株主総会で川合氏を解任、代わりに2人の取締役を選任するとの株主提案をされたことが同社HPにIRされている。さらに10月15日には、同株主から、川合社長個人が大阪地裁に10月9日付で第3者破産申し立てをされたことが明らかにされている。これだけでも、いくら上場企業の価値が一昔前より下がったとはいえ、こうした申し立てをされること自体、代表者としてどうかと思うが、同社を取り巻く“失態”は他にもまだいろいろある。
 2013年10月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (1) | トラックバック (0)

「アクセスTV」第11回は本日午後3時からーーみのもんた別件重大事件、安倍首相とエイベックス松浦、TPP公約破りなど

   恒例の「アクセスTV」第11回目は、前回に引き続きゲストに須藤甚一郎氏(=冒頭右写真左端人物)をお招きし、10月18日(金)午後3時から生報道を行います。現在、目黒区議(99年~。4期目)として政治活動もしている須藤氏は、元々『週刊女性』記者を経て、芸能レポーターとして78年~85年までTVのワイドショー「アフタヌーンショー」(テレ朝)、「おはよう!ナイスデイ」(テレ朝)、「ルックルックこんにちわ」(フジTV)などに出演し、お茶の間の人気を博した御仁。 本紙・山岡、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏に、その須藤氏が加わり、いつも通り、時事ネタに独自情報を載せて他の番組では絶対に流れない、流せない真相を暴露します。(*ココをクリックすれば無料で見れます
 2013年10月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.16

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第217回 『週刊文春』に実質、シャブ使用を認めた飛鳥」

 今週の「週刊文春」(10月17日号)を読んだ。文春記者からの質問に対し、飛鳥は、吸引したのはアンナカという医薬品(中枢興奮鎮痛剤)であり、「覚せい剤(シャブ)なんて一度もやったことはない」と全面的に否定している。だが筆者の見るところ、飛鳥はシャブをやっていたと認めているに等しい。しかもまだ抜け切っていないと結論した。まず告白が支離滅裂で、告白のあちこちに暴力団とカネ(金額は後述)で話がついた安堵感からか、自分のシャブ吸引事件に直接関係のない暴力団フロント2人の名前を口にしてしまっている。その2人の実名を挙げる前に、自分の家に薬物を運んだ山本(仮)という人物について飛鳥は「小指を詰めていたのは最近知った」と述べ、徹底的に庇い出した。一年以上の付き合いがあるのに小指がないことに気が付かないなんて、ありえないだろう。「(山本は)憎めない人でしたしね。(略)近いところからお金をせびるのが僕しかいなかったんじゃないですかね。悪い奴には思えないんですよ」と飛鳥は山本をかばい、刑事告訴をしなかった理由にしている。不自然極まりない。この部分だけを読んでも、二人が手打ちをしたことは想像がつく。
 2013年10月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ユニバーサルエンターテインメント」岡田会長ら、明日からカジノ疑惑で比聴聞会

 本紙は提訴され、現在、大手パチンコメーカー「ユニバーサルエンターテインメント」(UE。旧アルゼ。6425。JQ上場。東京都江東区)との間で係争中だが、そのUEの岡田和生会長などの聴聞会が明日に迫って来た。フィリピン検察当局は現在、地元でのカジノ建設を巡る不正疑惑を捜査しており、岡田氏らに9月中に召喚状を送付。10月17日、18日の両日、午前10時から予備捜査のための聴聞会を開くとして、そこへの出席を求めていた。もっとも、9月30日に報じられた「共同」記事によれば、岡田氏本人が出席するかは微妙で、代理人弁護士の可能性が高いとのことだった。そこで本紙では本日、岡田氏本人が出るのか、UEに問い合わせて見たのだが、「担当者は本日終日出ています」「その者以外は事情は分かりません」旨の素っ気ない回答が返って来ただけだった。
 2013年10月16日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.15

「みずほ暴力団融資」ーー警視庁は銀行側逮捕も視野に捜査

 大手マスコミ既報のように、みずほ銀行系列の「オリエントコーポレーション」(東京都千代田区。8585。東証1部)を通じた自動車ローンのための同行融資のなかに暴力団組員らが含まれていた問題は、ついに刑事事件に発展する可能性も出て来た。警視庁が問題になっている230件、総額2億円超分につき、捜査を始めたからだ。オリコは11年3月以降、契約に暴力団排除条項を設けているので、それ以降分で暴力団側が身分を隠して融資を受けていたことが証明できれば詐欺罪に問えるわけだ。大手マスコミ報道では、それ以上の言及はない。だが、この捜査開始は、同時にみずほ銀側からも逮捕者が出る可能性を意味している。
 2013年10月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<ミニ情報>あの愛知・警部脅迫事件の犯人隠匿ヤメ検・城正憲被告に執行猶予判決

 本日午後3時から、あの愛知・警部脅迫事件の犯人隠匿に問われたヤメ検・城正憲被告(66)に対する判決が名古屋地裁であり、関係者によれば、懲役1年6月執行猶予3年の有罪判決だったという(求刑は懲役1年6月)。
 2013年10月15日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.14

加入組合をたらい回しーー未だ原発労働者の“中間搾取”を放置し続ける「東京電力」(Ⅱ)

 本紙は今年9月22日、未だ続く原発労働者の賃金の“中間搾取”問題につき、組合(「全国格差撤廃推進労働組合」。本部・東京都豊島区)が間に入るや、発注元の東京電力は表向きは「雇用関係がないから団体交渉には応じられない」と従来通りの建前発言を繰り返しつつも、暗に元請けの「清水建設」に行けば何とかなるような態度を取り、相手を見て対応を変えているのではないかとの疑念を抱かせるような対応だったことをスッパ抜いた。今回は、その清水建設のこの間の対応の詳細を報告する。前回、東電は団交を拒否しながらも総務部担当者が、組合の久保修一事務局長と7月24日、話し合いの席を持ったことも述べた。そして、その場で暗に清水建設に行くようにとの指示があったという。そこで久保氏は翌25日、清水建設本社に出向いた。関係者が証言する。
 2013年10月14日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.13

<ミニ情報>許永中出所に戦々恐々のわが国金融界

 “闇の帝王”ともいわれた許永中氏(66)が出所(仮釈放)したことは本紙がいち早く報じたように既報の通りだが、わが国金融界関係者は戦々恐々としているようだ。例えば、テレビでは「テレ朝」、活字媒体では『週刊ポスト』が唯一、出所時に待ち構え、許氏を撮影しており、なかでも「ポスト」は許氏本人の肉声まで伝えていた。
 2013年10月13日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口組最高幹部人事にも影響ーー弘道会トップが交代

 9月21日、弘道会本部で臨時の直系組長会議が開催され、弘道会のトップが、高山清司・六代目山口組若頭から竹内照明・弘道会若頭に代わったという。いうまでもなく、弘道会は名古屋市に本部を置く、わが国最大の指定暴力団・山口組で最大勢力を誇る2次団体。資金力はズバ抜けているとされ、山口組トップ(司忍)、№2(高山)も揃って弘道会から出ていることから、09年9月、安藤隆春警察庁長官(当時)が、「弘道会こそ、山口組の強大化を支える原動力」と見て、以降、徹底した「弘道会壊滅作戦」が行われて来た。こうしたなか、京都府警は10年11月、 建設業に従事する京都の男性に対する恐喝容疑で高山被告を逮捕。今年3月、懲役6年の実刑判決が出、現在、控訴中であるものの、高山被告の長期不在は時間の問題と見られている。こうした事情もあり、今回、竹内若頭の弘道会会長就任になったと見られる。そして、当然ながら、最大組織・弘道会のトップ異動は、山口組最高幹部人事にも影響を与えるはずだ。
 2013年10月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »