« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013.06.01

<お詫び>本日の「アクセスジャーナルTV」、PCトラブルで延期に

 本当に申し訳ありません。本日午後3時から放送予定だった「アクセスジャーナルTV」の放送は、PCトラブルのため、放送延期とさせていただきました。遠路はるばる来ていただいた政治ジャーナリストの渡辺正次郎氏はもちろん、告知などを見て待機していたただいていた本紙読者、視聴者の皆様にたいへんなご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。とともに、このようなことが2度とないよう、メンテの徹底、万一の際のバックアップ機能のさらなる充実に務めます。重ねて、深くお詫び申し上げます。
2013年6月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<お知らせ>「アクセスジャーナルTV」明日午後3時から第7回生放送「橋下徹慰安婦発言、嶋大輔参院自民党公認漏れなど」

 昨年末まで、政治ジャーナリストの渡辺正次郎氏とやっていた「アクセスジャーナルTV」(←ココをクリックすると番組画面が出てきます。無料)ーーこれを約半年ぶりに再開します。これまでの6回分は、有料ウェブサイト「アクセスジャーナル」の直近1カ月の間に報じたベストネタにつき約1時間、もう1時間時事ネタをやっていましたが、「長過ぎる」との声が多かったので、今回からは時事ネタのみ、その回毎、流れで1時間から1時間半やります。久しぶりの今回のネタは、第1は何といっても慰安婦発言を中心とした橋下徹「日本維新の会」共同代表(大阪市長)について。
2013年5月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.31

今度は都議選画策ーーあの嶋大輔が、参院で自民党公認を取れなかった理由

 芸能界引退を表明し、退路を断ってこの7月の参議院選挙に出馬すると記者会見までした嶋大輔氏(49)だが、結局、公認見送りとなったのはご存じの通り。内定までしながら、5月も末になって見送りになった(「共同」が5月24日に見送る方向と報じている)理由は何なのか? 本紙が得た情報によれば、本紙既報のような「反社」疑惑が大きな要因だったのは間違いないようだ。
2013年5月31日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自民党有力参院候補者を襲ったある詐欺事件

 7月4日公示、21日投票が有力な参議院選挙だが、その自民党の有力候補に、詐欺事件に関与かという、とんでもない疑惑がここに来て急浮上している。事件の概要はこういうことだ。被害者B氏は昨年9月、A社の仲介で、6階建てビルを9000万円で購入した。B氏が購入するに至ったのは、A社は単に物件売買を仲介しただけでなく、同ビルを介護サービス付き高齢者向け住宅に改装すれば十分リターンがあるとして、ビル購入と改装費の融資元として地元の農協、それに改装後に賃借する東京の大手介護業者まで紹介。さらに、これら計画が滞った場合、A社はB氏の購入価格でビルを買い戻すとする「約定書」まで書いたからだった。
2013年5月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.30

<お知らせ>本紙・山岡、今晩の「ニュースウオッチ9」(NHK)でコメント

 今晩、NHKの夜のニュース番組「ニュースウオッチ9」(午後9時~10時)で、本紙・山岡がコメントしている。同番組ではニュースの後、毎回、ミニ特集を組んでおり、今晩は、本紙や情報紙・誌のような、大手マスコミとは異なる報道の現状に焦点を当てているようだ。明日放送予定が、急遽、今晩に変更になったため告知が遅くなってしまった。
2013年5月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(388)大手マスコミが報じない、ある女児強制わいせつ事件と清掃関連大企業との関係

 今年2月、中部地方のある県警に中年男性が逮捕された。仮にK容疑者としておこう。Kは室内で顔見知りの小学生女児(当時11)の体に触るなどのわいせつ行為をした容疑。本人は否認しているが、その後、起訴、追起訴もされ、公判は進み、近く被害者に対する証人尋問が予定されている。実はこのK、誰もが知る大手清掃関連企業(東証1部)の有力代理店企業代表(起訴後、代表も役員も辞任)。しかし、その事実はいま現在もまったく報じられていないどころか、そもそも逮捕の事実さえ、ごくごく一部のマスコミで小さく報じられただけだ。
2013年5月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.29

橋下徹氏、「飛田新地」顧問弁護士だった認める報道で、まだ報じられていないこと

 例の「慰安婦必要」発言の延長で5月27日、「日本外国特派員協会」で記者会見を行ったところ、イタリア人記者に「飛田新地」の顧問弁護士をかつて務めていたのは事実か旨の質問を受け、これを認めざるを得ず、さらにダメージを負った感のある橋下徹「日本維新の会」共同代表(大阪市長)ーー。3大紙では「朝日」しか報じていないが、イタリア人記者が、飛田新地の顧問弁護士だったかどうか質問したのは決して悪意からではなく、今回の慰安婦必要発言と根っこのところで繋がった問題と見てのことだろう。飛田新地は、大阪市西成区にいまもあるわが国最大級の実質、遊郭だ。表向きは料亭街とされ、「飛田新地料理組合」が実質、ここでの売春を管理している。そこの顧問弁護士に橋下氏が就いていたとの指摘は以前からあったが、橋下氏が公人になってから公に質問されたことはなかった。橋下氏は顧問弁護士だったことを認めながらも、「料理組合自体は違法でない」とかわしたところ、その場にいたフリー記者(日本人)が「飛田で買春できることは、ませた中学生なら誰でも知っている」と指摘したが、まさにそれが事実だ。以前から銭ゲバ弁護士で知られ商工ローン、また本紙指摘のように反社といっていい問題企業の顧問を務めていたことに加え、「買春OK」の発言をしていた橋下氏は、何のためらいもなく飛田新地の顧問にも就いていたということだろう。
 2013年5月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.28

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(387)国税が狙っている!? 大手パチンコ関連メーカー

 事情通の間で、ある大手パチンコ関連メーカーにつき、国税が現在、調査を進めているとの情報が出ている。その信ぴょう性を高くしているのが、別のA社代表がそのパチンコ関連メーカーに出入りしているとの話が付け加えられている点。なぜなら、そのA社は近年、架空の経費を計上して法人税を脱税したとして法人税法違反(脱税)罪で起訴、代表も在宅起訴されているからだ。そして、そのA社はパチンコ企業との取引もあった。
 2013年5月28日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

<記事紹介>「都内一等地200坪を舞台に勃発ーー『東京ばな奈御殿』ドロ沼大騒動」(『週刊大衆』6月10日号)

 本紙でも取り上げていた「東京ばな奈」経営一族の自宅建設を巡るトラブル、本日発売の『週刊大衆』(2頁)でも取り上げられている。取り上げられているも何も、この記事を書いたのは本紙・山岡だ。本紙で2度も取り上げたのは、正直、提訴している河西宏和氏(かつてあのEIEグループを率いていた故・高橋治則氏の最側近だった)に同情してのことだった。対銀行返済の関係で親族に名義を借りていたところ勝手に叩き売られたのは自業自得的側面が強いとはいえ、自身約30年も住んでいた親から相続した屋敷が突如、取り壊されたのならショックだし、善意の第3者的側面が強いとはいえ、「東京ばな奈」経営一族側も何らかの配慮があっても良かったのではないかと思ったからだ。だが、『大衆』の取材で東京ばな奈側の弁護士と話したところ、河西氏側から聞いていた話とかなり事情が異なっていた。
 2013年5月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.05.27

<主張>認識不足甚だしい、櫻井よしこ氏の「医学部新設」応援コラム

 本紙は以前から、櫻井よしこ氏をジャーナリストして評価していない。本紙はジャーナリストはまず基本として「反権力」で、社会的弱者の声に一番に耳を傾けるべきと思っているが、彼女の場合は第一は権力側という傾向が強いからだ。その典型例が、つい最近も沖縄の米軍基地移設を巡る論議で見られた。5月19日、沖縄で開催された保守系の「祖国復帰41周年記念式典」で、櫻井氏は普天間米軍基地の移設を辺野古ではなく「県外」へと唱える沖縄主要2県紙「琉球新報」「沖縄タイムス」をまず「後ろ向きで反本土、反日本」と批判。そして沖縄県人に向け、「沖縄の方々が日本人であるからには、日本国民として行動する心を持って欲しい」と呼び掛けたという。正直、この櫻井氏の発言について知った際、一瞬ながら、血が逆流するのを感じた。沖縄は1879年まで「琉球」という独立国だったのだ。そのため、琉球人は本土人から差別され、本土人以上に日本人になろうと皇民化教育を受け入れ、その挙げ句、本土の「捨て石」にされた。41年前、米占領下から日本へ復帰した際の心情も複雑なものがあったはずだ。そうした沖縄の一般人の心情に少しでも思い至れば、「日本人であるからには」なんて強要するような言葉は吐けまい。要するに、甚だしく認識不足ということだ。その認識不足の例は、櫻井氏が連載している『週刊新潮』コラム(5月2・9日号)でも見られた。「東北に医学部新設を!」という内容の記事のことだ。
 2013年5月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013.05.26

「オーイズミ」の医療法人買収背後に反社の影(2)

 一昨日報じた、パチスロのメダル計数機製造最大手「オーイズミ」(6428。東証1部。神奈川県厚木市)に関する続報だ。本社と同じ厚木市内の大学跡地を取得し、病院(約170床)も併設した各種高齢者施設を建設、介護事業に新規参入しようとしているオーイズミだが、その病院経営のためにM&Aした医療法人の背後に、反社疑惑まで浮上している件だ。その医療法人社団「永潤会」(厚木市)の理事長に就任していたT氏が、過去、やはり理事長に就任していた「三龍会」(富山県高岡市)が破産したことは前回述べたが、このT氏、大手信用調査会社資料によれば「栄央会」も09年4月に破産している。
 2013年5月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »