« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »

2013.04.27

安倍政権初+安倍お膝元の国政選挙――参院山口補選自民党候補の素顔(Ⅵ)市営住宅転売問題

 いよいよ投票日が明日に迫った参院山口補選だが、その自民党公認候補者である江島潔氏(55)が、長きに渡って勤めた下関市市長時代の問題を最後にもう1つ取り上げておく。それは下関市の市営住宅の転売問題だ。この問題の根はひじょうに深く、また重大だ。なぜなら、放置した結果、いまでは同住宅には暴力団関係者が多数住み着き、あるいは闇金などの事務所にもなり、周辺では覚せい剤販売も行われ、犯罪の温床になると共に治安が悪化しているからだ。下関市には市営住宅が114カ所に6974戸あり、約1万3000名が暮らしている(08年度)。国の助成を受けており、家賃は3DKでも1万円内と超格安だ。もっとも、転売が横行しているのは特定の地域、下関拘置支所近くの中央、春日、東神田町の11棟(331戸、テナント31戸)。現状、その大半が転売されていると見られ、その転売価格の相場は300万円とのことだ。「いまでは転売された者がさらに転売し、500万円なんて価格も付いている。入居者も、下関市市民ではなく口コミでお隣の福岡県を中心に全国の暴力団関係者がやって来ています」(事情通)。地元の事情通にその一画に案内してもらった。郵便受けを覗くとまったくというほど名前を出していない。また、1階のテナントの裏手に回ると防犯カメラなどのセキュリティー装置が見える。「正規の入居者でないから名前を出されんのよ。何でこんなところのテナントにセキュリティーなの!? 闇金やクスリをやっているからだよ。表面的な処理しかされないが、覚せい剤でおかしくなった奴が日本刀を振り回していたり、嫌がらせで駐車場の車が放火される事件は私が知っているだけでも6回は起きてるよ」(同)。そして、こうした転売が目立って起き、さすがに新聞でも報じられたのが94年。江島氏が市長になる(95年)直前のことだった。以降、江島氏は09年まで4期約14年市長を勤め、手を付けなかったことからこの問題は恒常化し、既成事実化してしまったという。
 2013年4月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

嶋大輔の「国会議員目指す」に異議あり

 4月25日、俳優の嶋大輔(48)が都内で会見し、芸能界を引退し、国会議員を目指すと正式表明した。いじめ問題に取り組みたいそうで、同じくツッパリキャラだった元タレントで参議院議員の三原じゅん子氏にはすでに相談。7月の参議院選挙から解禁されると見られるネット選挙で発進力を持つ者を候補者にしたい自民党の思惑と合い、7月の参議院選挙での自民党公認が有力視されているようだ。芸能界を引退し、退路を断った上で政界を目指すというその意気はいい。だが、本紙が異議ありというのは、嶋の背後に「反社」の影が見え隠れするからだ。本紙は芸能情報には弱く、まして決してA級ではなかった嶋をウォッチして来たわけではない。それでも、イニシャルに止めている分を含め、嶋のことをこれまで3回も「反社」絡みの疑惑で取り上げたことがあるからだ。
 2013年4月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.04.26

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(383)「警視庁組対が狙った大物組長の結末」

 本紙ではすでに2月27日に報じたものの、諸事情から翌日にはいったん記事を控えていたこの件、4月24日の「産経」が報じたことで、“解禁”となったので、まったく書き直して報じる。数日控えるだけのつもりが、1カ月以上時間が経ってしまったことをまずはお詫びしたい。産経記事によれば、住宅関連会社「クレアホールディングス」(1757。大証2部。東京都港区)の実質オーナーM氏から現金を脅し取ったとして、警視庁組織犯罪対策課は、右翼団体「松魂塾」(東京都新宿区)のN代表の逮捕状を取って行方を追っているという。クレアHDは翌日、同社HPにIRを出し、実質オーナーもいなければ、恐喝された事実もないとしているが、そんなことはない。ただし11年2月、東京都新宿区内のホテル「J」の喫茶店で複数の暴力団関係者が同席した後、M氏がカネを払った内容は正確でないようだ。
 2013年4月26日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



| | コメント (3) | トラックバック (0)

情報誌『現代産業情報』が終了

 本紙では4月15日、編集・発行人だった石原俊介氏(本名・石原俊氏)が死去したことを報じたが、その際に述べた懸念通り、情報誌『現代産業情報』は4月15日付の712号が最終号となった。その最終号に掲載された石原氏死去のニュースによれば、4月14日に死去したとのことだ(享年71)。死因は肝臓がん。腹水が溜まり、昨年末から入退院を繰り返していたものの、やはり容体が急変してのことだという。
 2013年4月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.04.25

先代からの秘書も次々首切りーー「みんなの党」渡辺喜美代表と妻に関する『告発文書』登場

 本年7月の参議院選挙に向け、各党が懸命に準備を急ぐなか、「みんなの党」の代表である渡辺喜美夫婦に関する、いわゆる「怪文書」(A4判2枚)なるものが登場している。本紙はその文書を入手したが、「約2週間前から永田町関係者の間に出回っています。ファックスされているようです」(事情通)とのことだ。この手の文書は出処先不明で、その信ぴょう度も様々。ただし、今回の内容は「相変わらず婦人が政治=党問題に口出しするにも拘わらず、渡辺代表は言いなりでパペット状態」。その典型が、父・渡辺美智雄元副総理時代から仕えて来た秘書まで次々と実質、首切りされているというもので、この件については本紙も以前複数回報じている。先の離婚騒動についても、その大きな要因はそこにあったとの見方が強い。出処こそ不明とはいえ、元秘書に確認してもらったところ、基本的な内容はその通りで、決して事実無根のデタラメな誹謗中傷ではないという(以下に転載)。
 2013年4月25日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.04.24

思惑通り、株価急騰で大儲け!? 「シスウェーブHD」陰のオーナー・大場武生氏

 しばらくぶりの大場武生氏が絡む「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)のネタだ。4月に入って同社株の出来高が急増すると共に、株価も急上昇した。それまでシスウェーブの株価は3000円台だったところ、4月1日から一挙に4345円の高値を付けるや、翌2日は5000円台、3日6000円台、7日7000円台に。それだけに、下落するのも同様、あっという間かとも思ったが、本日も高値6480円、終値5980円とかなりの高値維持を続けている。もちろん、高騰の原因は以前も述べた、バイオエタノールの原料になるとされる「スーパーソルガム」のネタだ。3月29日にはシスウェーブのHPで、いよいよスーパーソルガムによるバイオ燃料の大規模商用生産を始めるとして3年間の経営数値目標を、4月9日にはインドネシア最大の研究機関などとのバイオ燃料生産プロジェクトの基本合意契約を結んだとIRした。
 2013年4月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

韓流バッシング対策!? SMが「吉本興業」とオーディション番組。エイベックスもYGと

 韓流ブームに反発の声が起き、フジテレビが矢面に立たされたのは2011年夏のことだった。その1年後、今度は韓国大統領初の上陸で竹島問題がヒットアップしてか、昨年末の「紅白」には前年の3組(東方神起、KARA、少女時代)から韓流はゼロに。そんななか、この4月22日深夜から始まった、新番組『パフォーマンスA』(TBS系)が話題になっている。この番組、「吉本興業」が製作し、少女時代、BOAなどの韓流スターが所属する韓国の大手芸能事務所にしてレコード会社「SMエンターテインメント」が製作協力し、アジアから世界に羽ばたくスターを発掘しようというオーディション番組。要するに、韓国とわが国の大手事務所がガッチリ手を結んだわけだ。衛星放送「吉本東風」チャンネル(本社・香港)を通じて、アジア全域、北米・ヨーロッパの一部併せ約2000万世帯にも同番組は流れるという。
 2013年4月23日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.04.23

告発に続き提訴ーー旧「明治建物」の脱税指南をしていたトンデモ税理士の正体

 旧「明治建物」(現「FIELD」。大阪市)といえば、「反社」疑惑も出るなか、上場していた「アトリウム」や、「NFKホールディングス」(6494。JQ。横浜市)にも食い込んでいたことから、何かと注目されていた不動産会社だ。現在も、原田秀雄元社長は震災利権などで活躍しているようだが、4月15日、この明治建物の元監査役で、顧問税理士だったS氏を被告とする損害賠償請求訴訟が東京地裁に提起された。原告はかつて明治建物と地上げの仕事をしていた法人と、その代表個人。余りに理不尽なことをされたと激怒、反目し、明治建物の脱税の指南をしたというS税理士をまずは所属する近畿税理士会に懲戒申立。だが、税理士会は処分しなかったことから約1年前に東京地検に告発。しかし、地検は一向に受理しないことから、今回、提訴に至ったようだ。
 2013年4月22日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.04.22

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(382)あの戸田泉弁護士、今度は「YAMATO」第2位株主に

 消費者金融の過払い金返還代理で得た資金をサービサーを通じるなどし、“危ない上場企業”に積極的に投資している異色の弁護士ということで、本紙ではウォッチし続けている弁護士法人「ITJ法律事務所」(東京都港区)の代表を務める戸田泉氏ーー。今回、登場した先は情報セキュリティー関連「YAMATO」(大阪市淀川区。7853。マザーズ)だ。「りく・マネジメント・パートナーズ」(東京都港区)といえば、戸田氏個人の100%出資会社(以前は戸田氏51%、ITJ49%の株主を握るサービサー「ミネルヴァ債権回収」の100%子会社)だが、同社は今年3月15日、5000万円をYAMATOに融資していた。緊急な借り入れということで、4月30日には返済されるはずだった(金利6%)。
 2013年4月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013.04.21

安倍政権初+安倍お膝元の国政選挙――参院山口補選自民党候補の素顔(Ⅴ)人工島=軍港!? 建設

  下関市の日本海側沖合に建設が進む人工島「長州出島」ーーこの建設、今回の参院山口補選の安倍晋三首相の「直系候補」・江島潔氏(55)が市長に当選した直後の95年11月から進められて来た。東アジアの日本海側物流拠点をここが担えば市の経済も潤うとして、すでに700億円以上(国が46%。残りを県と市が折半)が投じられ、出来た一部岸壁(240M)への入港が09年3月から始まっている。しかしながら、入港した船の数は現在までのべ100隻にも満たない。おまけに、一番の狙いだった外貿コンテナ船はほぼ皆無。これではまったくの税金の無駄遣いではないか。それにも拘わらず、江島候補が強引に自分の現役市長時にギリギリ一部開港にこぎ着けたこの人工島建設に関しては、同じ保守系とはいえ、江島市政を非難して09年3月に当選、現在、2期目を勤める中尾友昭市長も見直しをするどころか、推進している。こうした巨額のムダと思える公共工事はこれだけではない。この人工島に通じる道路を整備しないと東アジアの物流拠点にはなれないとして国道(下関北バイパス)、県道のバイパス道路も建設。おまけにここに来て山本繁太郎・山口県知事始め「第二関門橋」建設まで叫び出し、その構想も俄に現実味を帯びて来ている。これらですでに使われた税金は1000億円以上、第二関門橋建設となると橋梁だけでさらに2000億円、関連を入れて3000億円とも。船1隻来てもらうのに10億円以上? ここまで来るともはや税金のムダ使いのレベルさえ越えているようにも思えるが、江島氏が建設着手をためらわず行ったのは背後に安倍氏がいたからなのは容易に想像できる。そして近年、市民の間では安倍氏は他の狙いもあって進めているのではないかとの声が大きくなって来ている。軍港としての利用のためというのだ。
 2013年4月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年4月14日 - 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月28日 - 2013年5月4日 »