« あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) | トップページ | 送電停止は回避されたが――東電の傲慢姿勢を問う民事訴訟が開始 »

2013.12.19

仲間割れで余罪も浮上かーーあの青山清利が銀行融資詐欺で再逮捕に

   青山清利(39)といえば、本紙でも既報のように、今年5月9日、未公開株詐欺容疑で埼玉県警についに御用になった、以前からその世界では有名だった“会社乗っ取り屋”だ。実際は闇金融がメーンで、グループやダミー会社を通じて経営の苦しい会社に融資。その際、株や売り掛け債権などを担保に取り、表向きはコンサル料名目などで回収。実際の裏金利は月2割にもなり、過去には、当時、まだ上場していた「トランスデジタル」「タスコシステム」「春日電機」にも貸し、高利を貪っていた。その青山、冒頭の詐欺容疑で起訴されてから半年経つも、公判前整理手続中の状態だった。そうしたなか、同じ埼玉県警が12月6日、今度は横浜銀行からの1億円融資詐欺容疑で逮捕していた。NHKでも報じられたが、新聞は未公開株詐欺の時同様、埼玉版でしか報じられていないので、まだ気づいていない読者も多いのではないだろうか。今回、一緒に逮捕されたT容疑者(38)は青山容疑者の元側近。青山容疑者が社長の「a-sense」(東京都渋谷区)なる会社が、高級時計やバックの大量発注を受けたとの書類を偽造し、08年9月ごろ横浜銀行渋谷支店から1億円詐取したとされる。本紙は、その青山容疑者と交流があった複数の関係者から話を聞くことが出来た。結論をいえば、こうした銀行からの借り入れが闇金の原資になっていたようなのだ。
 2013年12月18日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) | トップページ | 送電停止は回避されたが――東電の傲慢姿勢を問う民事訴訟が開始 »

コメント

今度は横浜銀行からの1億円融資詐欺容疑で逮捕していた。NHKでも報じられたが、新聞は未公開株詐欺の時同様、埼玉版でしか報じられていないので、まだ気づいていない読者も多いのではないだろうか。今回、一緒に逮捕された椿慎吾容疑者(38)は青山容疑者の元側近。青山容疑者が社長の「a-sense」(東京都渋谷区)なる会社が、高級時計やバックの大量発注を受けたとの書類を偽造し

投稿: アグオーストラリア | 2014.01.17 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58780342

この記事へのトラックバック一覧です: 仲間割れで余罪も浮上かーーあの青山清利が銀行融資詐欺で再逮捕に:

« あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) | トップページ | 送電停止は回避されたが――東電の傲慢姿勢を問う民事訴訟が開始 »