« 本紙指摘通り、贈収賄事件に発展した「NTT東」フレッツ光販売代理会社 | トップページ | 反省の色なしーー三原じゅん子参議院議員“税金詐取”疑惑など本紙「質問状」への回答 »

2013.12.13

あのシティグループ証券らを被告とする注目訴訟が結審へ

  世界的な大手銀行「シティグループ」(8710。東証1部にも上場)傘下「シティグループ証券」が都心のビル“乗っ取り”で被告になっている上、著名な三井拓秀弁護士に“双方代理”の疑惑も出ているということで、本紙が注目し、これまで何度か報じたことがある民事訴訟(東京地裁。民事50部。平成24年ワ第7395)が、いよいよ結審することがわかった。12月18日午前10時30分(626号法廷)からの口頭弁論が最終になる予定。もっとも、この間、裁判長の指揮などもあり、双方代理による利益相反行為などについては深く掘り下げられておらず、原告の「東京アセット」は今回一審判決の結果に関係なく、今後、別訴を提起する可能性があるようだ。
 2013年12月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 本紙指摘通り、贈収賄事件に発展した「NTT東」フレッツ光販売代理会社 | トップページ | 反省の色なしーー三原じゅん子参議院議員“税金詐取”疑惑など本紙「質問状」への回答 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58746319

この記事へのトラックバック一覧です: あのシティグループ証券らを被告とする注目訴訟が結審へ:

« 本紙指摘通り、贈収賄事件に発展した「NTT東」フレッツ光販売代理会社 | トップページ | 反省の色なしーー三原じゅん子参議院議員“税金詐取”疑惑など本紙「質問状」への回答 »