« 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に懲役2年6月の一審判決 | トップページ | <ミニ情報>あの青山清利、銀行融資詐欺で再逮捕で起訴されたのか? »

2013.12.27

降圧剤臨床試験疑惑だけじゃないーー「慈恵医大」トップが放置する「神の手」医師のご乱心

 12月17日、千葉大が中間報告を公表したことで、降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)の臨床試験を行った5大学の調査結果がひとまず出揃った。その結果、一番大規模な臨床試験を行い、一番最初にバルサルタンに「特別が効果がある」と発表した「東京慈恵会医科大学」(東京都港区)の責任が、特に重いことが改めて明らかになった。だが、それにも拘わらず、大学自らもデータ不正操作を認めたなかで、唯一、未だトップが謝罪会見を行っていないのが慈恵医大の栗原敏理事長だ。こうしたなか、大学内や関係者の間でも、「どうなっている!?」と不信の声が出て来ており、本紙既報のように、栗原理事長に関する「告発文書」、さらには「東京三菱UFJ」との異常な関係を指摘する声も出ているが、さらにはここに来て、栗原理事長自らが米国から母校の慈恵に迎え入れた「神の手」とも呼ばれる血管外科医・大木隆生教授と、彼のご乱心をトップとして諫めない栗原理事長の責任を追及する「告発文書」(A4判2枚)が登場している。本紙では以前にも大木教授に関する情報を入手していた。これを機会に、大学関係者にも取材を試みたところ、これら情報の信ぴょう性は高く、またヘタをしたら患者の人命にも関わることから、ここに出来るだけ明らかにすることにした。
 2013年12月27日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に懲役2年6月の一審判決 | トップページ | <ミニ情報>あの青山清利、銀行融資詐欺で再逮捕で起訴されたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58830673

この記事へのトラックバック一覧です: 降圧剤臨床試験疑惑だけじゃないーー「慈恵医大」トップが放置する「神の手」医師のご乱心:

« 弘道会「風俗王」・佐藤義徳に懲役2年6月の一審判決 | トップページ | <ミニ情報>あの青山清利、銀行融資詐欺で再逮捕で起訴されたのか? »