« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(414)「スピードパートナーズ」代表を下りた白石伸生氏の近況 | トップページ | あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) »

2013.12.17

東電が明日、診療所の送電停止――院長が語る、東電の“デタラメ”言い分

 明日12月18日午後、電力供給を停止する、と東京電力から通告されている診療所がある。埼玉県さいたま市にある「山崎外科泌尿器科診療所」(山崎利彦院長)だ。送電が無くなれば当然、診療ができなくなってしまう。そうした事態を避けるべく、山崎院長は本日、弁護士を通じてさいたま地方裁判所に送電停止をさせないよう仮処分申請を申し出た。しかし手続き上、間に合わないので、明日は警備員を配置し、東電職員が敷地内に立ち入るのを実力で阻止するという。「無理やり敷地内に入ったら、警察に不法侵入で訴える」(山崎院長)。一体、なぜこんな事態になったのか。診療所は、東電との間で電気契約上の「自由契約」を結んできた。これは一般家庭との契約と異なり、供給の時間帯や料金設定などを両者間で討議して、1年ごとに契約するものだ。
 2013年12月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(414)「スピードパートナーズ」代表を下りた白石伸生氏の近況 | トップページ | あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58772673

この記事へのトラックバック一覧です: 東電が明日、診療所の送電停止――院長が語る、東電の“デタラメ”言い分:

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(414)「スピードパートナーズ」代表を下りた白石伸生氏の近況 | トップページ | あの石元太一被告に懲役22年を求刑(「関東連合」関係者の率直な感想は……) »