« 仲間割れで余罪も浮上かーーあの青山清利が銀行融資詐欺で再逮捕に | トップページ | 記事削除名目等550万円で右翼団体塾長ら逮捕事件ーー証拠不十分で不起訴に »

2013.12.19

送電停止は回避されたが――東電の傲慢姿勢を問う民事訴訟が開始

 本紙で一昨日(12月17日)掲載した、東電と診療所の係争の件だが、送電停止の予告があった当日(18日)朝、東電側から「仮処分申請がなされたので、裁判の結果を見て判断する。それまでは送電を停止しない」との連絡があった。居住も兼ねる診療所への送電停止は、診療所の閉鎖だけでなく、文字通り生存にも関わる事態。それが回避され、ひとまずは安心だが・・・。民事訴訟は、訴えた側が相手の不当性を証明しなければならない。労力が割かれるのは訴える側であり、診療所を営む山崎院長の負担は大きい。それでも提訴に踏み切ったのは、「自由契約と言いながら、一方的な対応をする東電の姿勢を正したい」という思いだ。ここで改めて東電の言い分を見てみよう。東電側は今月5日付の文書で、「(電気料金値上げ後)99.9%を上回るお客様に新たなご契約の締結をご了承いただいており、このままご契約のない状態で、電気の供給を継続するのは非常に困難な状況です」「他のお客様との公平性確保の観点から、契約期間や値上げ幅等については同一の対応とさせていただく」としている。
 2013年12月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 仲間割れで余罪も浮上かーーあの青山清利が銀行融資詐欺で再逮捕に | トップページ | 記事削除名目等550万円で右翼団体塾長ら逮捕事件ーー証拠不十分で不起訴に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58783621

この記事へのトラックバック一覧です: 送電停止は回避されたが――東電の傲慢姿勢を問う民事訴訟が開始:

« 仲間割れで余罪も浮上かーーあの青山清利が銀行融資詐欺で再逮捕に | トップページ | 記事削除名目等550万円で右翼団体塾長ら逮捕事件ーー証拠不十分で不起訴に »