« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(410)「GFA」の不可解な第3者割当増資決定 | トップページ | 安倍首相のお膝元・山口でーー県内生コンを牛耳る元自民党県連会長(Ⅱ) »

2013.11.30

<主張>記事削除名目550万円で右翼団体塾長ら2人逮捕の記事とは、本紙アクセスジャーナルのこと。が、「中傷記事」は誤報

 大手マスコミは一斉に昨日夕方から、右翼団体「松魂塾」塾長・直隆志容疑者(55)ら2人が逮捕された件を報じている。「ネットの中傷記事削除名目」と、警察情報をそのまま流しているが、そのネット記事とは本紙「アクセスジャーナル」のもの。しかし、「中傷記事」というのは誤報だ。本紙ではすでに大手マスコミより丸1日早く報じているように、その記事とは、本紙が徹底追及しているクロマグロ養殖などの詐欺疑惑が出、警察も捜査に乗り出していた「シールド」とか「天成ホールディングス」などの会社を率いていた中村浩一郎なる人物に関するものだ。大手マスコミ報道だけ見れば、550万円払った匿名44歳の男性は、いわれのない中傷記事を書かれ、気の毒なまったくの被害者のように思われて当然だが、事実はまったく異なる。本紙既報のように、役所さえ金融商品取引法違反であること、さらに警察に情報を上げていることもとっくに認めていた。そして、本紙が得た情報ではその後、警視庁や国税も動いていた。そんな立場故、松魂塾の直容疑者にカネで頼んだわけだ。しかし、本紙はカネや圧力で記事を削除しない。そもそも、直容疑者らから削除依頼など来てない。依頼がないのだから、本紙がカネを一銭でももらうことなどありようもない。したがって、記事は消えるわけもなく、結果、中村氏は直容疑者らに対し話が違うとなる。だが、そこは中村氏自身も後ろめたいことをしているから強く出れない。当局にも駆け込めないと、直容疑者らは考えての犯行だったのではないか。では、それにも拘わらず、なぜ、今回事件化したのか?
2013年11月30日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(410)「GFA」の不可解な第3者割当増資決定 | トップページ | 安倍首相のお膝元・山口でーー県内生コンを牛耳る元自民党県連会長(Ⅱ) »