« 暴力団組員がクラブ店長に暴行ーー熊本県警の不可解な対応 | トップページ | 加入組合をたらい回しーー未だ原発労働者の“中間搾取”を放置し続ける「東京電力」(Ⅰ) »

2013.09.21

本紙VSユニバーサル訴訟――本紙・山岡の「陳述書」提出

 本紙(+山岡個人)VSパチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(UE社。旧名アルゼ。岡田和生会長。東京都江東区。6245。JQ)の名誉毀損訴訟だが、9月20日午後4時半から東京地裁13階の弁論準備室であり、本紙側は山岡の「陳述書」を提出した。ところで、「反ダミー法」違反容疑、議事録「変造」に加え、この間、また新事実が明らかになって来た。ユニバーサル側は一切無視し、投資家に取り重大情報であるにも拘わらず同社IRにも掲載していないが、9月3日、国際通信社「ロイター」は、フィリピン法務省と国際捜査局は、まさに本紙が疑義を呈したユニバーサルがマカオでのカジノ計画に絡んで2010年に行った4000万㌦(本紙指摘の3500万㌦含む)がワイロかどうか捜査するため、捜査員を東京に派遣すべく、日本関係当局と調整していると報じた。フィリピン当局は、具体的には、ユニバーサルがこの4000万㌦の支払いの件で提訴している元社員3名との面会を希望しているという。ロイターの取材に対し、ユニバーサルはコメントを控えたという。そして、ユニバーサル側が疑惑払拭のために設けた第三者委員会でも動きがあった。
 2013年9月21日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 暴力団組員がクラブ店長に暴行ーー熊本県警の不可解な対応 | トップページ | 加入組合をたらい回しーー未だ原発労働者の“中間搾取”を放置し続ける「東京電力」(Ⅰ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58240047

この記事へのトラックバック一覧です: 本紙VSユニバーサル訴訟――本紙・山岡の「陳述書」提出:

« 暴力団組員がクラブ店長に暴行ーー熊本県警の不可解な対応 | トップページ | 加入組合をたらい回しーー未だ原発労働者の“中間搾取”を放置し続ける「東京電力」(Ⅰ) »