« 自称・指定暴力団元トップ娘が債務者宅に押しかけ、事件化の可能性も(Ⅱ) | トップページ | あの関連ファンド会社オーナーが、ツタンカーメン展再開に向け暗躍 »

2013.09.17

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第213回 <2ちゃんねる>元管理人・西村ひろゆきの申告漏れは悪質過ぎる!」

 去る8月24日(土)、インターネット掲示板<2ちゃんねる>の創設者で元管理人の西村博之氏(36)が東京国税局の税務調査を受け、広告収入の一部とみられる約1億円について申告漏れを指摘されていたこと新聞各紙が一斉に報じた。過少申告加算税を含む所得税の追徴税額は約3000万円で、既に修正申告し納付を済ませた模様だ。西村氏は著書などで「2ちゃんねるをシンガポールの会社に譲渡した」などと説明していたが、譲渡後も収益の一部を得るなど密接な関与が続いていたことが裏づけられたのだ。西村氏は、覚醒剤の売買を持ちかける書き込みを放置したとして麻薬特例法違反(あおり、唆し)のほう助容疑で2012年12月に警視庁から書類送検されたが、今年に入って東京地検が不起訴としていた。ただ、捜査過程で裏金などを発見した場合に税務当局に捜査資料を提供して課税を促す「課税通報」があったとみられ、東京国税局は西村氏が代表を務めるネット関連会社「東京プラス」(東京都北区)を含めて調査を進めていた。関係者によると、2ちゃんねるの広告収入は東京プラスなどを経由して、09~12年の4年間に約3億5000万円がシンガポールの会社に送金された。このうち09~11年の3年間に計1億数千万円が西村氏へ報酬として支払われ、所得として申告された。残る約2億円も、この会社がペーパーカンパニーとみられることから、国税当局は西村氏個人所得と認定。うち約1億円については12年分として申告されたが、約1億円については申告がなかったという。ここから、どのマスコミも報じていない事実を書く。
 2013年9月17日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 自称・指定暴力団元トップ娘が債務者宅に押しかけ、事件化の可能性も(Ⅱ) | トップページ | あの関連ファンド会社オーナーが、ツタンカーメン展再開に向け暗躍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58213629

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第213回 <2ちゃんねる>元管理人・西村ひろゆきの申告漏れは悪質過ぎる!」:

« 自称・指定暴力団元トップ娘が債務者宅に押しかけ、事件化の可能性も(Ⅱ) | トップページ | あの関連ファンド会社オーナーが、ツタンカーメン展再開に向け暗躍 »