« <主張>「阪急」社名使用訴訟、上告棄却ーー「阪急電鉄」角社長への“直訴状” | トップページ | 暴力団は今や街宣からネットへ!?ーーメガバンクから芸能界ドンまで攻撃(Ⅱ) »

2013.09.02

東電と“原発フィクサー”の疑惑ーー水面下で、“報道潰し”に暗躍

「朝日」が、東電と“原発フィクサー”こと白川司郎氏の疑惑について1面トップで報じたのは7月16日のことだった。詳細は同記事をご覧いただきたいが、東電が青森県むつ市に建設中の使用済み核燃料中間貯蔵施設を巡り、立ち退かない周辺土地所有者との交渉を、東電は白川氏に依頼。その際、“立ち退き料”は契約額面の10倍以上が支払われ、それは「西松建設」の裏金と白川氏が立て替え、しかもこの裏工作疑惑には、一昨年3月の原発事故時に社長だった清水正孝元社長ら東電の複数の首脳が直に関わっていたという疑惑だ。「朝日」は以降、7月28~30日、8月28~30日と2度に渡り、「原発利権を追う」と題した連載も行い、そのなかで、中間貯蔵施設建設にゴーサインを出した当時のむつ市長(故人)、福島原発を誘致した地元前町長親族企業に西松建設がそれぞれ1億円、2億3000万円を融資していた疑惑なども取り上げている。白川氏といえば、社会部記者の間では以前から“原発フィクサー”として知られた存在。本紙でも原発事故直後に報じた記事で触れているし、08年、東京地検特捜部が捜査していた時にも報じている。だが、提訴されることなどを恐れて大手マスコミは及び腰。報じても実名報道は皆無で、大手紙が白川氏の疑惑に真っ正面から切り込んだのは今回の「朝日」が始めてだろう。それだけに、白川氏が危機感を持ったのは間違いない。こうしたなか、本紙の元には“報道潰し”といってもいい水面下の2つの動きに関する情報が入って来た。
 2013年9月2日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <主張>「阪急」社名使用訴訟、上告棄却ーー「阪急電鉄」角社長への“直訴状” | トップページ | 暴力団は今や街宣からネットへ!?ーーメガバンクから芸能界ドンまで攻撃(Ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58114858

この記事へのトラックバック一覧です: 東電と“原発フィクサー”の疑惑ーー水面下で、“報道潰し”に暗躍:

« <主張>「阪急」社名使用訴訟、上告棄却ーー「阪急電鉄」角社長への“直訴状” | トップページ | 暴力団は今や街宣からネットへ!?ーーメガバンクから芸能界ドンまで攻撃(Ⅱ) »