« あの木村剛氏の雑誌「フィナンシャルジャパン」発行会社が破産 | トップページ | 本紙VSユニバーサル訴訟――本紙・山岡の「陳述書」提出 »

2013.09.20

暴力団組員がクラブ店長に暴行ーー熊本県警の不可解な対応

 去る9月7日(土)から8日に日付が切り替わる前後に事件は起きた。熊本城や熊本市役所にもほど近い熊本市中央区下通という繁華街にあるキャバクラ「A」に一目見て暴力団とわかる風体の男たち10数人が訪れ、そのなかの地元暴力団組員Hなる者の誕生会をやろうとした。「狭い町ですから、店長は地元の暴力団員の顔はほぼわかっています。地元の山口組Y組K会の者、他に福岡の同組、別の山口組T組の者などもいることがわかりました。うちも暴力団の入店はお断りしているし、店は風営法の規定で正午まで。閉店間際でもあったので、店長は入店を断ったんです」(関係者)。すると組員たちは騒ぎ出し、店員の胸ぐらを掴んで壁に打ち付け、店長に対しては福岡から来ていたK組組員が背中に蹴りを見舞った。店には複数の防犯カメラが設置されており、その騒ぎ、暴行場面の映像はきれいに撮られていたし、店長は病院に行き診断書も取り、直ちに管轄の熊本北警察署に告訴に行った。なお、その場では110番通報はせず。
 2013年9月20日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« あの木村剛氏の雑誌「フィナンシャルジャパン」発行会社が破産 | トップページ | 本紙VSユニバーサル訴訟――本紙・山岡の「陳述書」提出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58232682

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力団組員がクラブ店長に暴行ーー熊本県警の不可解な対応:

« あの木村剛氏の雑誌「フィナンシャルジャパン」発行会社が破産 | トップページ | 本紙VSユニバーサル訴訟――本紙・山岡の「陳述書」提出 »