« 橋下・松井タッグで、府優良資産を関係先(東証1部)に売却目論む悪辣ぶり | トップページ | <ミニ情報>北の湖重病説はデマ »

2013.09.07

ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅳ)

 本紙で3度に渡り報じて来た、ブルネイのボルキア国王甥っ子の投資詐欺疑惑ーーちょうど8月22日から30日まで同国でTPP交渉が行われ注目されるということで、本紙はこの時期に合わせて報じたのだが、やはりというべきか大手マスコミは一切無視した。だが、本紙はこの間の調査で、この詐欺話にはわが国国会議員2人も関与していた疑惑を新たにキャッチした。それを解説する前に、「高島貞幹」(73)なる人物について紹介しておこう。投資家が会話も困難な遠い国の国王甥っ子を信じたのは、ブルネイ関連投資話を仲介した日本人がいたからだ。彼が日本で話を持ち歩き、関心を示せば一緒にブルネイにまで飛び、現地で国王甥っ子らを紹介したからこそ信じ投資したのだ。その高島氏は「サンライズテック」(大阪市西区)という会社の代表。そして、本紙既報のように同社役員には国王甥っ子=「ピージーハイジ・カマル・バリーン」(通称Pgバーリン)自身が就いていたのだ。その高島氏、この間、被害者から逃げ回っている。関係者によれば皇室関係者を名乗り、皇室紋章の金バッチをスーツにいつも付けていたという。学歴は関西大学文学部卒、1963年毎日新聞社に入社し、87年1月まで在籍。その直後、(財)「徳修学園」理事兼事務局長となる。(*詳細は被害者作成HPを
 2013年9月7日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 橋下・松井タッグで、府優良資産を関係先(東証1部)に売却目論む悪辣ぶり | トップページ | <ミニ情報>北の湖重病説はデマ »

コメント

TPPで、ケッシュ財団のプラズマリアクターの情報は、このまま握りつぶされるかもしれない。

ttp://www.onpa.tv/2013/08/11/1893

ttp://sunshine849.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

汚染水を食い止め、暴走する原発を収束させる唯一の手段は、これ以外にはないだろう。。。

投稿: siodgp | 2013.09.22 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58148022

この記事へのトラックバック一覧です: ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅳ):

« 橋下・松井タッグで、府優良資産を関係先(東証1部)に売却目論む悪辣ぶり | トップページ | <ミニ情報>北の湖重病説はデマ »