« 音事協会長人事ーーポリプロJ会長就任の裏に、トンデモ密約説浮上 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅲ) »

2013.08.20

関係者が暴露ーー「シスウェーブHD」、ライツ・オファリング実施で立ち消えた、“大場オーナー”の仰天資金作り計画

 8月15日の同社IRによれば、「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)はライツ・オファリングにより約16億6300万円の資金を集めたという。既存株主に割り当てられた本新株予約権の権利行使割合は実に93・62%もあったという。大成功だが、しかし、以下の事実を知っていたらいったい、どれだけの権利行使割合になっただろうか? おそらく、その割合は格段に低くなっていたはずだ。実はこのライツ・オファリング公表(6月5日)前、本紙既報のように、実質、シスウェーブHDのオーナーといってもいい大場武生氏が別の方法での資金作りを計画していたという。その計画による額は3億円だから、他にも複数声をかけていたのかも知れない。だが、いずれにしろ、ライツ・オファリングで最終的には行くことになり立ち消えたこの計画はまともなものでないどころか犯罪的なものだった。しかも、自分の借金の穴埋めのためだったというのだ。信じがたい仰天計画だが、話の出所は極めて当事者に近いところで信ぴょう性は高い。
 2013年8月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 音事協会長人事ーーポリプロJ会長就任の裏に、トンデモ密約説浮上 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅲ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/58026465

この記事へのトラックバック一覧です: 関係者が暴露ーー「シスウェーブHD」、ライツ・オファリング実施で立ち消えた、“大場オーナー”の仰天資金作り計画:

« 音事協会長人事ーーポリプロJ会長就任の裏に、トンデモ密約説浮上 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅲ) »