« 詐欺事件で警視庁の不適切対応で時効ーー提訴事件の背後に、あの大物ヤメ検の影 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅱ) »

2013.08.04

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第211回 国会追及へーー羽賀研二の未収監疑惑」

 やはり、国会議員のなかにも疑問を持っていた人がいたようだ。未公開株売買を巡り3億7000万円を騙し取ったなどとして詐欺と恐喝未遂に問われ、2審で逆転有罪となり、上告したものの棄却され、今年3月28日に懲役6年の実刑が確定したあの羽賀研二(51。本名・当真美喜男)。ところが、いっこうに収監される動きはない。そこで私は下記の文面を自分のブログで配信したこともあった。<羽賀研二、逆転有罪判決からもう二か月、なぜ刑務所に収監しないのか? おかしいんじゃないのか? 衆参法務委員会に持ち込む必要も・・・。>.。最高裁の判決も遅すぎた。押尾学にはすぐに判決が下されたのに、押尾より羽賀は何年も前の事件なのに、“2年間も判決が下されない”ことに疑問を抱き、私は昨年暮れと今年2月、竹崎博允最高裁長官に2度HPの公開アドレスにメールし、手紙も2度送って疑問を呈した。その結果ではないだろうが、繰り返すように3月28日付で上告棄却となり判決確定した。ところが、今度は余りに収監まで時間がかかり過ぎる。これでは、何かあるんじゃないのか? 何も無いんならすぐに収監しなさい。すでに2カ月どころか、それから4カ月以上経過した。だが、未だ収監されたと聞かない。さすがに一部のメディアも疑惑を抱き取材に動き出しているとの情報もあるが、7月20日に参議院議員選挙が終わり、一段落したのか、ついにこの羽賀研二未収監疑惑が国会で追及されるとの情報が飛び込んで来た。語るのは、野党の衆議院議員A氏だ。
2013年8月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 詐欺事件で警視庁の不適切対応で時効ーー提訴事件の背後に、あの大物ヤメ検の影 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅱ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/57922389

この記事へのトラックバック一覧です: <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第211回 国会追及へーー羽賀研二の未収監疑惑」:

« 詐欺事件で警視庁の不適切対応で時効ーー提訴事件の背後に、あの大物ヤメ検の影 | トップページ | ASEAN議長国、8月TPP交渉開催地ーーブルネイの国王甥っ子の重大詐欺疑惑(Ⅱ) »