« <ミニ情報>あの青山清利は起訴されたのか!? | トップページ | <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」改めて6月6日午後3時から生放送 »

2013.06.04

米オクラホマ巨大竜巻発生で再注目ーーわが国最大級竜巻に襲われた、つくば市北条地区現場写真(昨年5月)

 5月21日、米オクラホマ州ムーアを襲った竜巻の威力は最大級F5(秒速117~142m。6段階中)だった。何しろ、小学校の校舎にいても安全ではなく、そこでの9名を含む死者21名を出し、約2400棟が被害を受けた。その影像を見、竜巻のすさまじさを実感した読者は多いと思う。が、大半の方は、それは国土が広く、竜巻が発生しやすい米国のことで、自分たちとは直接関係ないと思っているのではないだろうか。しかし、そうともいえない。昨年5月6日午後1時過ぎ、茨城県つくば市北条地区を襲った竜巻の威力は、発生当初6段階の下から3番目のF2とされた。死者は1名だった。しかし、その後、下から4番目のF3に格上げ。それどころか、専門家のなかには死者を出した住宅付近では秒速100m以上で、わが国観測史上最高のF5と見る者もいる。というのも、亡くなった中学生は自宅で留守番をしていたところ、平屋のその家全体が竜巻の風圧で浮き上がり、1回転し、完全に地面から剥がれた家の基礎コンクリート部分の底が上を向き、死因は圧死と見られる凄まじさだったのだ(その写真は下に)。(写真提供=ジャーナリスト・有賀訓氏)
 2013年6月3日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« <ミニ情報>あの青山清利は起訴されたのか!? | トップページ | <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」改めて6月6日午後3時から生放送 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/57520707

この記事へのトラックバック一覧です: 米オクラホマ巨大竜巻発生で再注目ーーわが国最大級竜巻に襲われた、つくば市北条地区現場写真(昨年5月):

« <ミニ情報>あの青山清利は起訴されたのか!? | トップページ | <お知らせ>「アクセスジャーナルTV」改めて6月6日午後3時から生放送 »