« 疑惑医師を放置ーー取材拒否した「日立化成」のトンデモ広報対応 | トップページ | <記事紹介> 「愛知・警官脅迫:主導の経営者、関与認める方針 来月3日の公判で」(「毎日」6月29日。中部朝刊) »

2013.06.29

2度目の団交も実力阻止ーー福岡県警が受理した、「小倉記念病院」巡る「ALSOK」の問題警備

 顧客に頼まれたら実力阻止、法律違反もお構いなしでは、反社の“用心棒”と変わりない。まして、同社は東証1部上場企業で、代表取締役会長の村井温氏は元警察庁キャリアで警視監。他でもない、「ALSOK」(登記社名は綜合警備保障。東京都港区。2331)のことである。始めてこの件を目にする方は、まず本紙既報記事(6月18日分。6月22日分)をご覧いただきたい。内紛に大揺れのマンモス病院「小倉記念病院」(福岡県北九州市。ベット数658。職員1277名)の警備をALSOKは請け負っている(その警備費は年間7000万円近く)。6月26日午後3時、団体交渉のため、「全国格差撤廃推進労働組合」(東京都豊島区)のメンバーら6名が同病院を訪ねた。前回6月12日、13日と正当な手続きを経て訪ねたと思われるにも拘わらず、実力で阻止され病院内に入れず、団交を潰されたことは述べた。そして、これに対し、組合側はALSOKの行為は警備業法15条「団体の正当な活動に干渉してはならない」に違反するとして公安委員会に「被害届」を提出。また、そのような警備にお墨付きを与えたと見られる2人の顧問弁護士に対しては懲戒請求している。それだけに、さすがに26日にはALSOKも、小倉記念病院もそれなりの対応をすると思われた。ところが、現実は違った。まず病院入り口でALSOKの警備員が立ちはだかったもののこれを何とか突破。組合側は事務室へ。関係者が証言する。「ALSOKの警備員は約10名いたのですが、坂本(? 責任者?)なる者は“出て行け!”などと暴言を繰り返した上、組合側メンバーの肩を突いて追い出そうとした。警備業法など無視。まったくもって暴力団と変わらない対応でした。
 2013年6月29日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 疑惑医師を放置ーー取材拒否した「日立化成」のトンデモ広報対応 | トップページ | <記事紹介> 「愛知・警官脅迫:主導の経営者、関与認める方針 来月3日の公判で」(「毎日」6月29日。中部朝刊) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/57690598

この記事へのトラックバック一覧です: 2度目の団交も実力阻止ーー福岡県警が受理した、「小倉記念病院」巡る「ALSOK」の問題警備:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/06/30 08:45) [ケノーベル エージェント]
東京都港区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013.06.30 08:46

« 疑惑医師を放置ーー取材拒否した「日立化成」のトンデモ広報対応 | トップページ | <記事紹介> 「愛知・警官脅迫:主導の経営者、関与認める方針 来月3日の公判で」(「毎日」6月29日。中部朝刊) »