« 「加藤」なる女性とは!? 弘道会「風俗王」警部脅迫電話事件第2回公判内容Ⅱ(反対尋問+2人の女性からの電話内容) | トップページ | あの著名弁護士も「司法の自殺行為」と喝破ーー「阪急電鉄」VS「阪急住宅」社名使用訴訟、控訴審も門前払い »

2013.05.11

顧客の和解解決金を流用!? 著名弁護士のトンデモない素顔

 弁護士業界も格差が拡大しているようだ。「毎日」(5月9日)によれば、経費などを差し引いた所得(=サラリーマンの手取り給与に近い)が100万円以下の弁護士が全体の2割、500万円以下だと4割。その一方で1000万円超も3割以上いることが国税庁の統計でわかったとして、弁護士業界も一般社会同様に格差が拡大しているという(イソ弁は含まず)。弁護士=高額所得者というのは、誤りであるようだ。こうしたなか、今回取り上げる弁護士はマスコミにもかなり露出し、また自らが弁護士法人代表に就き東京本部の他、北は札幌、南は福岡まで事務所を開設しているのだから「勝ち組」の弁護士のはず。ところが、顧客への和解金を流用していたのか、催促されても支払わず、警察からの電話でやっと振り込んで来たという。本紙でも過去、トンデモ弁護士を複数取り上げて来たが、これが事実なら、身内の弁護士会でもさすがに庇いきれず懲戒ものではないか。
2013年5月11日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 「加藤」なる女性とは!? 弘道会「風俗王」警部脅迫電話事件第2回公判内容Ⅱ(反対尋問+2人の女性からの電話内容) | トップページ | あの著名弁護士も「司法の自殺行為」と喝破ーー「阪急電鉄」VS「阪急住宅」社名使用訴訟、控訴審も門前払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/57364053

この記事へのトラックバック一覧です: 顧客の和解解決金を流用!? 著名弁護士のトンデモない素顔:

« 「加藤」なる女性とは!? 弘道会「風俗王」警部脅迫電話事件第2回公判内容Ⅱ(反対尋問+2人の女性からの電話内容) | トップページ | あの著名弁護士も「司法の自殺行為」と喝破ーー「阪急電鉄」VS「阪急住宅」社名使用訴訟、控訴審も門前払い »