« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第200回 ああ、無情!? 藤圭子が“育ての親”の葬儀に顔を出さなかった理由」 | トップページ | 売り主URに疑問の声もーーあの南青山問題物件を落札した“村上ファンド” »

2013.04.12

<お知らせ>東日本大震災・被災動物救護シェルター『にゃんだーガード』写真展

 福島第一原発事故の被害者は、人間だけではない。3.11から2年が経った今も、被災地にはたくさんの動物が取り残されている。飼い主と離れ離れになったペットたちが、誰もいなくなった街で今も暮らしている。そうした動物のなかで、迷い犬や猫を救出し、飼い主や里親が見つかるまでシェルターに保護しているのが「動物救護隊」というボランティアグループ。社団法人「にゃんだーガード」(代表・本多明氏)が運営している。このたび、そうした猫や犬の実情や団体の活動を広く知ってもらうため、全国各地で写真展がおこなわれる。東京の写真展は下記の通り。
・日時:5月7日(火)~13日(月) 10時~18時
  (7日13時~・13日~15時)
・場所:新宿区民ギャラリー内エコホール
  (新宿中央公園ナイアガラの滝のそば)
 原発事故を引き起こした最大の責任は東電や政府、そして原発を容認してきた私たち人間にあるが、動物には何の責任もない。ぜひ多くの人が写真展に足を運んでほしい。
 2013年4月12日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第200回 ああ、無情!? 藤圭子が“育ての親”の葬儀に顔を出さなかった理由」 | トップページ | 売り主URに疑問の声もーーあの南青山問題物件を落札した“村上ファンド” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/57157260

この記事へのトラックバック一覧です: <お知らせ>東日本大震災・被災動物救護シェルター『にゃんだーガード』写真展:

« <*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第200回 ああ、無情!? 藤圭子が“育ての親”の葬儀に顔を出さなかった理由」 | トップページ | 売り主URに疑問の声もーーあの南青山問題物件を落札した“村上ファンド” »