« 医学部新設を目指す「国際医療福祉大」一派ーー今度は自民推進議連使い画策か | トップページ | 亀岡偉民政務官がゴルフをした女性の一方の夫は山口組直参 »

2013.03.05

相変わらず不祥事が多い「ソニー生命」社員

 本紙はかつて「ソニー生命保険」(井原勝美代表取締役。本社・東京都港区)の社員の不祥事をかなり追及したことがある。2004年から06年にかけてのことだ。生命保険会社のなかでも、特に同社の不祥事が多いと思われるのは、事務社員はソニーブランドに胡座をかき、一方、営業マンの方は徹底した出来高制で、真面目に営業していただけでは収入的に厳しい、と当時、分析したが、その実態は未だ変わっていないということだろうか。とりわけ近年は個人情報保護を名目に隠蔽体質が進んでいるということか、新聞報道では元生命保険会社社員(問題が発覚したらすぐトカゲのシッポ切りで“元”となり、なおさら社名を控える結果か)、さらには現在の職業である「タクシー運転手」なんて肩書きで報じられているし、また地方版に載っているだけだから、本紙も情報提供があるまで気づかなかったのだが、11年11月、そして12年9月にもソニー生命保険元社員が顧客に対する詐欺容疑で逮捕されている。12年の方の山下裕は既報道によれば、「知り合いに金融のプロがいる。外国債券に投資すれば儲かる」などといって現金250万円を騙し取った(被害額の1部の模様)という。動機は「借金返済のため」とのこと。現在、実刑確定し服役中。一方、11年の鈴田の方は嫌疑不十分で不起訴になったものの、昨年5月、被害者はその鈴田やソニー生命保険などを相手取り民事訴訟を提起しているが、その内容はここまでやるのか、と驚かされるほど悪質だ。
 2013年3月4日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ


|

« 医学部新設を目指す「国際医療福祉大」一派ーー今度は自民推進議連使い画策か | トップページ | 亀岡偉民政務官がゴルフをした女性の一方の夫は山口組直参 »

コメント

年内には高松や、福山以上のメガトン級の不祥事が、東京で発覚する見たい。

会社の顔である超有名ライフプランナーが関わっているらしい。

これで、社長の首は飛ぶし、出来そこないのボンクラ役員や理事は総入れ替えしないと持たない。

特に関西出身の、LP上がりの理事クラスの連中は通常(一般企業)では考えられないレベルの人間が、出世を果たしている。

投稿: Mr.X | 2017.10.14 16:31

福山支社の詐欺事件は無免許の取調べから発覚した。高松支社の一億三千万の詐欺事件も顧客の問い合わせから発覚している。
福山支社の事件は支社長会議で報告されているにもかかわらず、未だプレスリリースが無い。引き伸ばせるだけ引き延ばす作戦だろうか?
大阪支社でも詐欺事件が発覚して、3人が懲戒解雇になってるが、こちらは社内的にも未だ隠蔽されている。
ソニー生命のホストコンピュータは中国にあるが、ここから顧客情報がダダ漏れだ。調査で入国した6名が中共当局に拘束された。それでも公表しないソニー生命の隠蔽体質が止まらない。

投稿: カミュ | 2017.09.11 19:37

四国支社以上の詐欺事件が発覚して居ます。それも複数箇所です。
公になるのは9月でしょう。ソニーホールディングスは持たないかもね。

投稿: カミュ ヒューマノイド | 2017.08.22 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56890303

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず不祥事が多い「ソニー生命」社員:

« 医学部新設を目指す「国際医療福祉大」一派ーー今度は自民推進議連使い画策か | トップページ | 亀岡偉民政務官がゴルフをした女性の一方の夫は山口組直参 »