« 「危険手当のピンハネをやめさせろ!」ーー除染労働者たちが環境省・厚労省を追及 | トップページ | 「ロイター」への192億円訴訟はフェイク!? アルゼの姑息なマスコミ恫喝手法 »

2013.03.01

「東京ばな奈」経営一族の自宅建設中土地は、“事件物件”だった

「東京ばな奈」といえば、JR東京駅や羽田空港始め各主要駅などで販売され、東京土産として高い人気を誇っているのでご存じだろう。このお菓子を製造販売しているのは「グレープストーン」(東京都杉並区)という。設立は1978年。個人創業したコーヒーおよびコーヒー器具類の販売業が次第に発展し、萩野惇社長(68)が一代で築いた会社だ。他のブランド品も育ち、いまでは276億円(12年7月期。連結)と上場企業以上の売り上げを誇っている。 その荻野一族は昨年6月、グレープストーン本社にほど近い荻窪3丁目に約200坪の土地を購入。そしてこの2月半ばから荻野一族4世帯の自宅建設を始めている。予定では今年中に完成する予定だ。ところが、この土地、実は“事件物件”だったのだ。そもそも、この土地には昭和20代に建てられた木造瓦葺き2階建て母屋と蔵が建っていたところ、銀行融資が返せず昨年3月に競売開始決定。ただし、競売にはならず、任意売却で荻野一族が取得。しかし、登記上の前所有者は真の所有者でないとして、荻野一族らを被告に、登記名義の回復を原因とする所有権移転登記をせよなどの民事訴訟が昨年7月末に起こされ現在も係争中だ。「しかも、今年2月に現地に建設着工の看板が出たので、この土地を巡っては刑事告訴もしており、帰趨がハッキリしてない現状、あえて工事を始めることに慎重に判断されるようにと通知書も出しました。ですが、無視して工事着工。信用ある大企業の一族がそんなことでいいのか、と怒りを禁じ得ません」(原告の1人)
 2013年3月1日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 「危険手当のピンハネをやめさせろ!」ーー除染労働者たちが環境省・厚労省を追及 | トップページ | 「ロイター」への192億円訴訟はフェイク!? アルゼの姑息なマスコミ恫喝手法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56865329

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京ばな奈」経営一族の自宅建設中土地は、“事件物件”だった:

« 「危険手当のピンハネをやめさせろ!」ーー除染労働者たちが環境省・厚労省を追及 | トップページ | 「ロイター」への192億円訴訟はフェイク!? アルゼの姑息なマスコミ恫喝手法 »