« 新バージョン? 数百万円騙取された「ブラックマネー詐欺」の手口 | トップページ | きな臭いとの観測もーー大手法令出版社「ぎょうせい」を傘下に治めた麻生副総理ファミリー企業 »

2013.02.24

<連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第3回)

    この連載1回目で、埼玉県(上田清司知事)が、何が何でも知的障害者施設「啓朋学園」などを運営していた社会福祉法人「翌檜会」(本部・埼玉県鴻巣市)を潰そうとしている動きを紹介した。そして第2回目ではその理由として、そもそもは翌檜会はいったんは埼玉県が選定した県社会福祉事業団OBを学園施設長として受け入れたものの、自らの給与の水増しという不正行為を行ったためそのOBを解任したことが契機になっているとの見方を伝えた。だが、解任には正当な理由がある。それだけのことで、いくら何でもここまでやるものか!? 実はここに来て、興味深い事実が判明している。 本紙は一枚の写真を入手した(以下に転載)。連載2回目で紹介した、翌檜会を食った事件屋・市田康介氏(現在、所在不明)と、県による解散命令の理由とされた寄付金の使途の解明への協力を拒んだ「親の会」副会長のD氏が一緒に写ったもの。もし、県側と、翌檜会の受け皿になる「ルピナス会」、それにこのD氏が水面下でタッグを組んでいるのだとしたら、県のいうことを聞かない翌檜会を単に潰すだけでなく、市田氏の犯罪は完全に葬ることができる上、彼らの“利権”にもなり得るのだ。これは単に“見せしめ”とできるだけでなく美味しい。
 2013年2月24日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ




|

« 新バージョン? 数百万円騙取された「ブラックマネー詐欺」の手口 | トップページ | きな臭いとの観測もーー大手法令出版社「ぎょうせい」を傘下に治めた麻生副総理ファミリー企業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56833004

この記事へのトラックバック一覧です: <連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第3回):

« 新バージョン? 数百万円騙取された「ブラックマネー詐欺」の手口 | トップページ | きな臭いとの観測もーー大手法令出版社「ぎょうせい」を傘下に治めた麻生副総理ファミリー企業 »