« <主張>「99%の国民を不幸にするTPP問題の本質」 | トップページ | 関西で相次ぐ反原発運動への弾圧――逮捕・起訴された6名の即時釈放を求め、緊急記者会見 »

2013.02.20

あの大場一派が上場企業トップにーー早くも持ち分売却の動き

 本紙既報のように、当初、1月25日開催のパチンコ・医用向け3次元グラフィックスLSI・応用製品開発主力「リアルビジョン」(6786。マザーズ。横浜市港北区)の臨時株主総会では、代表に就くのは前常勤監査役であり、池畑勝治氏は一取締役に就く予定に過ぎなかった。ところが、蓋を開けてみると、修正動議が出され、これが可決され、池畑氏がリアルビジョンの代表に就いてしまった。「就いて“しまった”」というのは、池畑氏は、名うての株式ブローカー・大場武生氏の一派であり、大場氏は表に出られないため、その代わりにまずは株買い占めを行い、半導体テスト開発受託会社「シスウェーブホールディングス」(6636。JQ。神奈川県川崎市)の経営に介入。そのシスウェーブが今度はリアルビジョンの株を買い占め、リアルビジョンにも介入して来たのだった。
 2013年2月19日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ



|

« <主張>「99%の国民を不幸にするTPP問題の本質」 | トップページ | 関西で相次ぐ反原発運動への弾圧――逮捕・起訴された6名の即時釈放を求め、緊急記者会見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56801979

この記事へのトラックバック一覧です: あの大場一派が上場企業トップにーー早くも持ち分売却の動き:

« <主張>「99%の国民を不幸にするTPP問題の本質」 | トップページ | 関西で相次ぐ反原発運動への弾圧――逮捕・起訴された6名の即時釈放を求め、緊急記者会見 »