« 違法建築等の疑惑もーー「孫正義80億円御殿」、ついに完成へ | トップページ | <連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第1回) »

2013.02.09

やはり元社員への責任転嫁だったーー比4000万㌦疑惑の送金、「朝日」が岡田会長ら承認と報道

 昨日(2月8日)の「朝日」が、一面トップなどで、「巨額送金 会長ら認識」と報じた。4000万㌦の送金とは、パチスロ大手「ユニバーサルエンターテインメント」(旧名アルゼ。東京都江東区。6245。JQ)がフィリピンでのカジノ事業進出に当たって時のアヨロ政権周辺などに渡した贈収賄疑惑の核心部分だ。昨年に入ってその疑惑が浮上、本紙がいち早く報じたが、するとアルゼはその送金に関わっていた元社員3名に対し次々と返還訴訟を、また本紙と、より詳細に報じた「ロイター」にも巨額の損害賠償請求を提起した。さらに12月30日にやはり一面トップで報道し出した「朝日」に対しても提訴を臭わせ圧力をかけていた。だが、これに対し「朝日」は内部資料を入手し、この4000万㌦疑惑の送金についての取締役決議書に、「アルゼUSA」(送金元子会社)の役員を兼務する岡田和生アルゼ会長らが署名。すなわち送金を認識し、承認していたと調査報道したわけだ。平たくいえば、岡田会長は自分の責任を逃れるため、元社員に責任転嫁したアリバイ的な訴訟を提起し、事実を誤魔化そうとしているということになる。
2013年2月9日掲載。この記事の続きを見たい方は、本紙改訂有料ネット記事アクセス・ジャーナルへ

|

« 違法建築等の疑惑もーー「孫正義80億円御殿」、ついに完成へ | トップページ | <連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第1回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57690/56729906

この記事へのトラックバック一覧です: やはり元社員への責任転嫁だったーー比4000万㌦疑惑の送金、「朝日」が岡田会長ら承認と報道:

« 違法建築等の疑惑もーー「孫正義80億円御殿」、ついに完成へ | トップページ | <連載>埼玉県が解散命令ーーなぜ、社会福祉法人「翌檜会」は抹殺されようとしているのか(連載第1回) »